毎度こんにちは。美容鍼の白山はりきゅう整骨院デン マサタダです。

LINE@から頂いたご質問に本日もお答えいたします。

Question :ご質問内容

爪を早く伸ばす方法を教えて下さい。
全然伸びません。

SONY DSC

スクリーンショット 2016-01-26 19.25.32

 

やりとり その1

IMG_9429

やりとり その2

IMG_9430

やりとり その3

IMG_9431

やりとり その4

IMG_9432

以下、文章でまとめてみました。

爪とは

一度できた爪を丈夫にすることは不可能ですが、栄養などに気をつけ、これからできる爪の質を良くすることは可能です。
爪を骨と思っている人も多いですが、爪は毛髪と同様、ケラチンから構成されている皮膚の一部であり、爪を作る動物性タンパク質が有効です。

爪に良いビタミン

ビタミンA 、B 、D も欠かせません。
カルシウムを取ると良いという説もありますが、やはりまず
「卵」「チーズ」「牛肉」
などの良質のたんぱく質を摂取することが求められます。
また、ゼラチンも爪を強くするのでゼリーは爪の美容食とも言えます。

爪の豆知識

成人の爪の成長速度は1日に0.1~0.15ミリで左右差はありません。
しかし年齢、性別、部位、季節による差は生じることもあります。
一般的に若者は早く、足より手の方が早く伸びます。

また夏が早く、冬は遅いと言われています。
爪の光沢や弾力は主に水分量で決まります。
その水分量は外の影響に左右されます。
冬の乾燥期に硬くもろくなるのはそのためです。

爪の水分量

爪には通常12%から16%の水分が含まれていますが、外の環境要因によって5%から24%程度まで変動するといわれています。
ネイルカラーをつけ、除光液を使用すると脱脂、脱水作用があるため使いすぎると水分量を失い、ツヤもなくなり脆くなります。
爪先から割れたり裂けたりすることもあります。

爪の手入れは

爪の硬さは均等ではありません。
爪の根元が一番硬く、指先から離れるほど脆くなります。
長く伸ばした爪の先は裂けたり折れたりしやすくなります。
一旦根元から伸びた爪は損傷をうけると2度と回復する事はありません。

髪の毛と同様、普段の手入れが重要です。
爪の保護には表面、裏面ともに油性クリームを塗りこむのが効果的です。
ネイルカラーや除光液を使用してもその後すぐにクリームで水分て油分を補給しておけば荒れを防ぐことができます。
つまり、爪を美しく保つことができるかどうかは、手入れの良し悪しで決まります。