どーも、皆さんこんにちは。
美容鍼は東京の白山はりきゅう整骨院です。

本日から3日間に分けて「水虫」について書いていきます。
本業は美容鍼なんですけどね。
ま、そんな時もあるという事で。

女性に意外と多い「水虫」は一度かかったら、諦めなければいけない病気・・・ではありません。
正しい方法で、根気強く治療していけば、治すことが可能です。
また、水虫にかからないよう、しっかりと予防法を身に付けましょう。

水虫とは

・症状・種類など、水虫に関する基礎知識をご紹介します。

どんな症状がでるの?
症状はさまざまで、中には、かゆみが出ず、皮膚が硬くなり、ひび割れが起こるケースもあります。

水虫菌が活動を始めると、ヒフの奥の生きた細胞が刺激され、かゆみや水ぶくれなどの症状が現れます。

水虫の種類とその症状

1:趾間(しかん)型

足の指の間にでき、かゆみは比較的少ないタイプです。
また、ときには、赤くなってただれたりします。

足の指の間の皮が、湿って白くふやけたようになり、乾くと皮がむけます。
 

2:小水疱(しょうすいほう)型

・足の裏にでき、水ぶくれは、破れると液が出ます。

やがて白くかっさかっさに乾燥し、ヒフがボロボロとむけてきます。
土踏まずや足の外側のへりに、小さな赤い水ぶくれができ、激しいかゆみをともないます。

3:角化(かくか)型

足の裏全体がかたくなったもの。

かゆみはありませんが、冬、乾燥すると、ひび割れが起こり、痛みが出ます。

かかとなど角質層が厚いところに、水虫菌が奥深く入り込んで皮膚がかたくなり
やがて足の裏全体に広がっていくタイプです。

4:爪白癬(つめはくせん)

爪に白癬菌が入ったもの。

一般的には直接爪の水虫になることはなく、足の水虫が爪に感染して起こります。

かゆみはなく、爪が白くにごり、厚くなります。放っておくと爪がもろくなり、ボロボロになります。

また、症状が全ての爪に及ぶこともあります。 爪も皮膚の一部なので水虫になりますネ。

5:手白癬(てはくせん)

手にできるもの。

症状は足の場合と同じで、小水疱ができることもあれば、手のひらが角化することもあり、

爪まで感染することもあります。

手は直接外気に触れているうえ、洗う機会も多いので、足よりはずっと稀(まれ)ですが、水虫にかかってしまいマス。

水虫の原因

季節を問わず、悩まされる人も多い水虫。その原因についてご紹介します。

水虫菌ってどんな菌?

・水虫菌は温かく湿った環境を好み、

とくに温度26℃前後、湿度70%以上のとき、最も活発

になるといわれます。

そのため水虫の症状は、春から夏にかけて悪化し、冬になるとおさまるという周期を繰り返すのが一般的でしたが、

近頃では、暖房設備の充実により、季節を問わず水虫に悩まされる人が増えています。

水虫菌が棲(す)みつくのは、皮膚のいちばん外側にある「角質層」。
角質層は「死んだ細胞の集まり」です。

水虫菌はここで、ケラチンというたんぱく質を食べて繁殖します。

ではまた明日に続きます〜

東京の美容鍼なら白山はりきゅう整骨院です。