毎度こんにちは。
美容鍼の東京白山はりきゅう整骨院デンです。

前回のブログは首にできるニキビの原因や治療法について投稿しました。
しつこい首のニキビにお困りの方は是非参考にしてください。

本日はニキビになる原因についてご説明していきます。

ニキビ対策の第一歩は、ニキビになる原因を知ること

imasia_10974743_M-004

よくニキビに悩む人が「どうしてニキビになってしまうんだろう」と考えたり、いろいろな対策をとってもなかなか治らないものです。
こんな時は原因を考えてみましょう。

まず、ニキビができる原因としては、毛穴がふさがれてしまうことが原因になります。

この毛穴をふさいでしまうものを「角栓」といい、この角栓によって詰まりができます

こうしてふさがれた毛穴の中で、皮脂という皮膚から分泌されるアブラが溜まることにより、ニキビになってしまうのです。

 

アクネ菌が繁殖すると・・・

photo-2

そして赤くなってしまったり黄色くなって膿を持っているニキビならば、その皮脂を元にアクネ菌が繁殖して毛穴の中で暴れることで赤くなったり膿ができてしまうのです。

とはいえ、これは本当に基本的な原因です。
このため、皮脂を出したり角栓を取ったり肌を清潔にして殺菌するという方法でも、ニキビは治るのですが、さらにここに複合的な要因が加わっていることもあります。

 

皮脂の分泌が盛んな「思春期ニキビ」

一般的に「思春期ニキビ」と呼ばれるような10代の学生にできるニキビの場合、基本的には皮脂の分泌がとても多いのが原因です。

この年齢の頃はとても代謝が活発で、皮脂の分泌も活発です。

どうしてもアブラが大量に出てしまいます。
ですので、毛穴も詰まりやすく角栓も多くなり、ニキビができやすいのです。

この頃はひどくなりやすい時期でもあります。

というのも、まだスキンケアに慣れていなかったり、食生活が乱れやすいためです。

お肌の扱いを雑にしてしまったりニキビを潰して治すなんて習慣があると、跡として赤みやクレーターができてしまうこともあります。

 

スキンケアを知らない男子たち

grooveplan_cs4560320827955_1

また、スキンケアの習慣がない場合は洗顔や化粧水などを嫌がる人も中にはいるでしょう。
特に男の子の中には「そういうことは女っぽくて嫌だ」という人もいますね。

せっかくの顔立ちなのに跡やクレーターで、
肌が汚くなり残念なコトになってしまうのは大きな損ですよね

ただ、思春期ニキビは成長するに従って徐々に皮脂の分泌も落ち着いていき、治まってくることもあります。
この場合は赤みやクレーターをいかに残さず、また小さい時に対処できるかどうか、ということが大事になるでしょう。

 

過剰な皮脂がニキビの原因!?

みなさん良く知っていると思いますが、皮脂の分泌過剰はニキビの最大の原因です。

これは思春期と同じ原因ではあるのですが、
思春期を過ぎても治らなかったり体質的に続いてしまうこともあります

このような肌を「脂性肌」といい、油分の多い肌になります。
アクネ菌は油分が好きで油分の分泌が多いと多く繁殖してしまいますので、ニキビにつながりやすいでしょう。

 

食生活の乱れもニキビの原因

bouin-boushoku

このようなお肌になる原因は体質的なものもありますが、中には食生活が原因だという人もいます。

アブラもの、揚げ物、脂肪分の多い感触を頻繁に行うなど、食事で脂肪分を多く取ると、
体は余計な脂肪分を排出しようとして肌から排出させます。

この油分がニキビを作ってしまう、ということですね。

また、肌の抵抗力が減ることや細菌バランスが崩れることも原因の一つです。

 

肌の抵抗力低下もニキビの原因にも

nuka-2014-3

肌の抵抗力とは、もし肌の上でアクネ菌が増殖しても、それを抑えてくれる他の菌や体の抵抗力があれば、十分活動を抑えることができないのです。

ところが油っぽい肌や過剰分泌、もしくは肌の抵抗力が落ちることでアクネ菌が大暴れし、ニキビができることもあります。
この場合は肌の抵抗力を高めることが大事です。
これは表皮常在菌と呼ばれる菌類のバランスを整えることで、生活リズムを整えたり肌を保湿する、殺菌効果のある洗顔料を使うことも方法です。

 

肌の抵抗力を高めるために「良質な睡眠」と「食事生活の見直し」を

肌の抵抗力を高めるとできてしまったニキビなどもすぐに改善されますので、とてもおすすめの方法ですよ。
より美肌にも近づきます。

ただし、実はアクネ菌も表皮常在菌の一種なのだと覚えておきましょう。
実は殺菌しすぎても問題ですから、強すぎる効果のものを使うのは避けたいところでしょう。

ビタミンやミネラルが不足したり、睡眠不足も原因になります。

これらはお肌の抵抗力を落とし、体調を崩したり肌トラブルを招くものです。
お肌が汚くなってしまうことでもありますから、よく注意しておきたいでしょう。

もしかしたら、肌のことについて悩んでいる人なら、かなり耳にしたことがある方法かもしれませんね。

肌荒れを起こさないようにするためにはよく眠り、野菜と肉・魚類のタンパク質を取るようにしましょう。

これらは肌の状態を改善する最も基本的な方法です。

 

年齢ごとのスキンケア用品を

images

そして、古いコスメやスキンケア、
肌に合わないスキンケアによって吹き出物ができてしまうこともあります

古くても愛着のあるコスメでも雑菌が繁殖していたり、パフやブラシが劣化することで肌に刺激を与えることもあるのです。
スキンケアは適切な保管をしていないと配合成分が変化してしまいます。

また、油分の分泌が多い人のオイルケアや過剰なピーリングによって乾燥し、肌荒れになることもあるのです。

理由は本当に人によっても違います。
ですが、適切なケアをすれば肌はキレイになるので、よくケアを行いましょう。

 

ニキビができる原因をまとめると

実に日本人の約75%は経験したことのある「ニキビ」

正しいスキンケアや治療を知らず、長引いている患者さんをたくさん見かけます。
ニキビができる原因は必ずしも「1つ」とは限りません
一つ一つ自分の出来る所から改善していくと良いでしょう。

焦りと無理は禁物ですよ。自分に合ったスキンケア方法を細く長く続けてみて下さいね。

美容鍼の効果はニキビ・ニキビ跡・くすみにとても有効です。
お肌のご相談いつでもどうぞ〜
美容鍼の白山はりきゅう整骨院でしたー。