皆様こんにちは。
美容鍼の東京白山はりきゅう整骨院です。
本日はニキビに効く自家製野菜ジュースをオススメするお話しをしていきます。
市販の野菜ジュースを飲むよりずっと経済的で、ニキビ・肌荒れに効果があります。
ニキビ・肌荒れに悩む方は参考にして下さい~。

300x250

野菜ジュースを飲む前に知って欲しいこと

白山はりきゅう整骨院 院長

ニキビは生活習慣と深い関係があるのは皆さんご存知ですよね?
ニキビを悪化させる大きなポイントは
「紫外線を浴びる事」と
「ビタミンの欠乏」です。
この2つはともにニキビの誘因となります。 

ニキビには紫外線に気をつける

夏に向け、気温と共に上昇するのが「紫外線量」。
実は4月~7月は1年の中で、最も「紫外線量」が多い季節になります。
ご存知かと思いますが、紫外線はニキビ、シミ、たるみ、そばかすを引き起こす原因と言われております。
特にその中でも「ニキビ」は紫外線の一番の敵でもあります。

紫外線が人体に過剰に浴びると

images-1
紫外線が当たると、肌の奥にあるメラノサイトという色素細胞が活性化し、メラニン色素が合成されます。

このメラニン色素は、元々体内の組織を紫外線から守る働きがあるのですが、繰り返し浴びることで、メラニン色素が皮膚の内側に沈着を起こしシミやそばかす、ほくろ、ニキビなどの肌荒れなどのトラブルが生じます。

この紫外線は、主に夏の太陽光線が原因であると思われがちですが、曇りの日や夏以外の季節にも油断をすると紫外線の影響をモロに受けるので、毎日のケアが非常に大切となってきます。

紫外線対策にはUVケアをはじめ、「日傘」や「帽子」を使用したりなどの方法がありますが、
実は体の内側からのケアもとても大切になってきます。

緑黄色野菜を効率よく摂る

Wooris_141114_1
紫外線対策として有効な栄養素は、ニキビやシミを予防する働きのあるビタミンCやビタミンBが有名です。

そこで、紫外線から肌を守り、肌の老化や肌荒れを防ぐ、βカロテンやビタミンEなどを
ブロッコリーや人参などの色の濃い野菜から摂取する事が効果的です。

なお、スーパーで売っている野菜ジュースは基本的に「糖分」が高いため、オススメしません。余計に肌荒れしますので、注意が必要です。
そこで、オススメなのが、インターネットなどで「ジューサー」などを購入して、自家製の野菜ジュースを毎日作って飲んでいきましょう。

駅の中にある、スムージー飲むより経済的です。手間は掛かりますが、サプリ飲むより100倍お肌に良いですね。実際、私も毎日野菜ジュースを作って、飲んでおります。

お通じの出が悪いなら食物繊維が多い野菜を入れてみたり、
手足がいつも冷えているようなら身体を温める人参などを使っていきましょう。

また、紫外線予防を狙うなら、ビタミンCや抗酸化作用の強いチンゲン菜やブロッコリーを選ぶと良いですよ。また、野菜ばかりを入れてしまうと、苦くなってしまうので、ほどよく「りんご」「豆乳」などを入れると飲みやすくなります。

野菜ジュースのレシピはググれば、沢山出てきますので、興味がある方は

・「野菜ジュース レシピ」
・「野菜ジュース 自家製」

と検索してみて下さい。沢山出てきますので、自分に合った野菜ジュースを作って色んなレシピを楽しんで下さい。

ニキビに効く野菜ジュースの食材

りんご

・主な成分:カリウム
・主な作用:整腸作用
・栄養価:54カロリー(100グラムあたり)

ブロッコリー

・主な成分:ビタミンC・カロチン
・主な成分:美肌効果
・栄養価:33カロリー(100グラムあたり)

チンゲン菜

・主な成分:βカロチン、ビタミンA
・主な作用:眼精疲労、粘膜保護
・栄養価:9カロリー!(100グラムあたり)

人参

・主な成分:カロチン、カリウム
・主な作用:冷え性改善
・栄養価:44カロリー(100グラムあたり)

ニキビの方が注意したい果物

「バナナ」と「白桃」

バナナと白桃は果物の中でもかなり「糖」が高く、ニキビ・肌荒れがある人が摂取すると、体内で果物からの「糖」が脂肪となり、肝臓に蓄積され、皮脂の分泌を上げていきますので、注意が必要です。
お菓子や肉を注意して制限していても、糖分の高い果物を摂取しては意味がありませんので、気をつけましょう!

ニキビに効く野菜ジュースに入れたい栄養素

ニキビの時に積極的に摂取したいビタミンをご紹介します。
野菜ジュースを作る時に参考にして下さい。

種類 働き 主な野菜・食べ物
ビタミンA 正常な皮膚・粘膜を維持する シソ・人参
ビタミンD 骨や歯の成長に必要 しいたけ・エリンギ
ビタミンE 血行をよくする(血管拡張) 落花生・赤ピーマン
ビタミンC シミ・ソバカスの予防 パプリカ・パセリ
ビタミンB12 赤血球の生成を助ける イクラ

まとめると

毎日夜更かししたり、ラーメンを食べたり、お風呂で髭剃りをしている私の肌は、自家製の野菜ジュースを飲んでいるおかげ?で肌も荒れる事なく、毎日調子の良い肌で元気で過ごしております。

余談ですが、海や山登りに出かける3~4日前から、自家製野菜ジュースを毎日飲んでおけば、からだの中からシミや肌荒れの予防と便秘解消につながるので、一石二鳥です。

いわゆる「飲む」肌荒れ対策になりますね。ニキビ・肌荒れ対策には以下の2点を意識して下さい。

①外部対策(日傘帽子・UVケア)
②内部対策(緑黄色野菜の野菜ジュースを作る)

本格的な紫外線シーズンに入る前に!①と②を実践してみて下さいね。

美容鍼の白山はりきゅう整骨院でした。

お肌のご相談お気軽にどうぞ〜
ニキビに良く効く美容鍼もとてもおすすめでーす。
では〜。