今日は恐ろしく寒いですね。
こんな寒い中、朝の4時に近所の猫が朝からうるさくて起きてしまいました。(サカりですかね?)
おかげ様で近頃は耳栓して寝る毎日です。
さてさて、私の話しは置いておいて、、、
お早うございます。
美容鍼灸の白山はりきゅう整骨院 デン マサタダ です。

昨日のブログの続きです。
よくある肌のトラブルのメカニズムと、具体的トラブルの原因を軽くご紹介します。

正しいスキンケアの始まりはその「原因」を正しく知ることから始まります。

参考までにどうぞ☆

その1: 肌荒れ/かさつき

空気の乾燥や睡眠不足、ストレス、便秘、ビタミン不足などが原因となり、角質層のキメが壊れ、保水能力が低下して起こります。
肌荒れ

その2: しみ/そばかす

紫外線の他に、にきび・吹き出ものによる刺激、また、メイクのとき肌をこすり過ぎたりする物理的刺激で色素細胞が活性化してしまい、メラニンが過剰につくられることでできます。
しみ・そばかす

その3: 日焼け

紫外線によって、肌が赤くなったりヒリヒリするなど炎症がおきている状態。肌が黒くなるのは、メラニンが過剰につくられて、黒い色素が沈着したためです。
海辺の日焼け

その4: くま

目の下の皮膚は表皮が薄く、毛細血管も透けて見え易いため、血行が悪くなると、黒っぽい「くま」となって現れます。睡眠不足や目の疲れなどで、血液の循環が悪くなって起こります。
「くま」モン!?

その5: たるみ

水分がなくなって、肌のハリや弾力が失われ、皮膚と筋肉との結合がゆるむことで起こります。しわ角質層の保水能力が低下をして、柔軟性がなくなったために一時できる表皮性のしわ(乾燥じわ)と、紫外線の浴び過ぎや老化などが原因で、肌のハリを保つコラーゲンが減ってしまったためにできる真皮性のしわ(老化じわ)があります。
しわしわのブルドッグ

その6: むくみ

寝る水分を前にとり過ぎたり、塩分の多い食事をとったりすると、翌朝、水分が体に残り、目や顔がむくむ事があります。
食卓塩

ざっと代表的な症状をあげました。
こんな感じでそれぞれの「原因」を把握して2015年も女子力を上げて下さいませ。

美容鍼灸の白山はりきゅう整骨院でした。
ではでは。