皆様こんにちは。美容鍼灸の白山はりきゅう整骨院です。

本日はフェイスケアについてです。
美容鍼灸と共に、毎日のケアで「女子力」上げていきましょう♪♪

肌は「表皮」と「真皮」の二層から組成されている

まず「肌」についておさらいです。
フェイスケアでいう「肌」とは、皮膚の組織のうち、「表皮」と「真皮」という、合わせて2ミリほどの二つの層の事をいいます。
顔の保湿ケア
水分の蒸発を防ぐ「保水能力」を持つこの層が(表皮)、肌のうるおいを守る重要な役割を果たしてます。
表皮の一番下にある基底層でつくられた細胞が約2週間かけて角質層に達します。年齢と共にこの期間は長くなります。

真皮は(美容鍼灸ではとっても大事な場所です)いわば肌の基礎の部分。 肌の健康は、新陳代謝(ターンオーバー)をくり返す事で保たれてます。 「真皮」は肌のハリを保つたんぱく質「コラーゲン」や、栄養素を表皮に運ぶ毛細血管が数多くあります。そこから垢(あか)となってはがれ落ちるまでに、もう2週間。こうして肌は、通常約4週間のサイクルで生まれ変わっているのです。表皮は、4つの細かい層にわかれてますが、美しい肌のためにとくに注目をしたいのは、一番外側にある角質層です。

肌のトラブルを招く原因

健康な肌の条件は…

  • ハリがある(弾力が皮膚にある)
  • シットリしている(適度に水分が蓄えられてる)
  • みずみずしくて、血色が良い(毛細血管の血行が良い)
  • キメが整っている(細胞が規則正しく生まれ変わっている)

皮膚トラブルのメカニズム皮膚トラブルの原因は、体の「外側」からの原因と、「内側」からの原因に分けられます。
「外側」からの原因としては紫外線を始め、気温、そしてエアコンなどで乾燥した空気、更には環境の汚染、化粧品によるトラブルなどが挙げられます。
砂漠のような乾燥した肌に

「内側」からの原因で、なによりも一番よくないのが「偏食」などによる栄養のアンバランスと、その結果としての皮膚に不可欠なビタミン類の欠乏です。それから仕事のストレス、睡眠不足、疲労の蓄積などもよくありません。
睡眠不足は肌の大敵

さらに、体の中に入った有害なものを解毒する働きを持つ肝臓の具合が悪いと、肌あれや吹き出物など色々な皮膚トラブルの原因となるし、胃腸の働きが弱くなるととった栄養が上手く吸収がされないので、皮膚の健康にも多種多様な影響を及ぼすようになります。もちろん、便秘も肌の大敵です。

では次回はほとんどの人を悩ます肌のトラブルのメカニズムと、具体的トラブルの原因をご紹介します。

昨日は美肌の基本を書きました。
ご覧下さいませ。

美容鍼灸の白山はりきゅう整骨院
デン マサタダ