美容鍼灸ならお任せください。  デン マサタダです。

今日も寒いですね。前回に続きまして 美容の基本です。「しみ」「紫外線」について考えていきます。 冬の間にしっかりとスキンケアの知識をつけていきましょう!

「しみ」「そばかす」の原因はメラニンの過剰生成

「しみ」「そばかす」は黄色の日本人や白人の欧米人では色白の人にできることが多いと考えられてます。 日焼けの原因は、太陽光線に含まれる「紫外線」であります 。影響を人に与える紫外線はエネルギーの弱いUV-A波とエネルギーの強いUV-B波があり、そのうちUV-A波はガラスも通過します。 5、6歳頃から顔のほほに出始め、思春期ごろが一番目立ち、その後は次第に薄れていきます。 しみの原因は紫外線からの防御反応 紫外線を浴びると、皮膚は防御反応を起こし、メラニン色素を過剰に作っていきます。 ちなみに美容鍼灸では顔面部の真皮層に鍼を打つことでメラニン色素の生成を防いでいきます。

紫外線が皮膚に与える影響

そばかすは、三角形や四角形の淡い褐色や黒褐色の斑点が鼻を中心に出来ます。 丸く茶色いしみ紫外線を浴びると皮膚は防御反応を起こし、メラニン色素を過剰に作り出します。そのメラニン色素が皮膚に沈着し、皮膚に残るとしみとなります。 ほとんど頬骨の部分に丸く茶色い斑点ができます。 エネルギーの弱いUV-A波が体内に侵入をすると、ダメージを皮膚細胞が受けないようメラニン色素を増やし、そのメラニン色素の影響で皮膚の褐色化や黒ずみを引き起こします。紫外線を浴びると濃くなるといわれています。 直射日光による日焼けエネルギーの強いUV-B波を浴びると、数時間後に皮膚が赤くなって、ヒリヒリとした痛みがあらわれます。 鼻を中心にできるそばかす熱が出たり、水ぶくれなどができる事もあります。 さらに、年齢を重ねると並んで薄くなっていきます。最初は薄い茶色ですが、次第に濃くなっていきます。晴れの日や夏以外も紫外線対策をする紫外線の量は、春の時期の3月辺りからぐんと増え、その後4月から9月にかけてピークをむかえます。

紫外線対策に有効な食品

体の中から紫外線対策を行うビタミンAやC、E、L-システイン、ポリフェノールなどには、皮膚を紫外線から保護をする働きがあります。これらの栄養素が多く含まれているかぼちゃ・トマトなどの緑黄色野菜・玄米、ココア、にんにく、タマネギなどを積極的にとりましょう。

日焼け止めを使用する際の注意点

紫外線はガラスや雲も通しますから、常日ごろから紫外線対策に気をつけましょう。10月から2月までは紫外線量はそこまで多くありませんが、もちろんゼロではありません。 強すぎない日焼け止めを選択する紫外線を恐れるあまり、強い日焼け止めを使ってしまっては、皮膚への負担が大きくなります。日差しが強くない日は、日焼け止め効果のある化粧下地・ファンデーションなどを使って、紫外線を防ぎましょう。日頃使いにはSPF10~20、PA+~++程度のものに留めておきましょう。 市販の薬を使うしみを改善するには、皮膚を形成するコラーゲンの生成に外すことができないビタミンCや上質なたんぱく質、血行を良くするビタミンE、皮膚の代謝を助けるL-システイン、皮膚の再生を助けるビタミンB2、B6などが配合されたビタミン剤が効果的デス。診察を病院で受ける水ぶくれなどが出来た際や、しみが盛り上がってきたみたいなときは、診察を皮膚科で受けましょう。日焼けで赤く腫れたらまず冷やす皮膚が赤く炎症を起こしたときは炎症を抑えるために、患部を水や氷ですぐに冷やしましょう。

(豆知識)SPFとPAって何?

日焼け止めとか化粧品にある「SPF」と「PA」の表示をご存知ですか?SPFはUV-B波をカットする力を、後に書かれてる数字は、外線を浴びた皮膚が赤くヒリヒリするまでの時間を、何も塗らない状態と比べて、何倍に延ばせるかという目安です。PAは、皮膚を黒くするUV-A波を防ぐ効果があり、+の数が多いほど、効果が高くなっていきます。しかし、紫外線を恐れるあまり、強い日焼け止めを使ってしまっては、皮膚への負担が大きくなります。 以上、美容鍼灸の白山はりきゅう整骨院でした。 何かご相談ありましたらいつでもどうぞ! デン マサタダ