文京区白山と千石の間にある白山はりきゅう整骨院です。

寒い日が続きますねー
って事は、もうすぐ国家試験ですね〜
私もこの冬になると学生時代、図書館で国家試験の過去問を必死にやっていたのを思い出しますね。
で、思いまして鍼灸師以外の資格の
 美容院で働く、美容師さん床屋さんで働く理容師さんの国家資格について気になったので調べてみました〜
まず筆記試験では関係する法律や制度、人体の構造や機能、美容・理容に関連をする物理・化学の知識、美容・理容の理論などが問われ、実技試験ではカットの基本的技術などが試されます。
美容師試験は、毎回1~2万の受験者があり合格の割合は4~8割と幅があります。
一方、理容師試験の受験者は1000人程度と美容師試験に比較して少なくなっています。

美容師・理容師の国家試験には、筆記試験と実技試験があります。

流行やおしゃれに敏感で、センスに自信がある人に一押しデス。
一方で、理容師には出来るかぎりスピーディーかつ精密に数ミリメートル単位でカットを行ったり、シェービングを施す高い技術が求められます。より技術にこだわる人にむいてるといえるでしょう。←まさに職人!
(私達鍼灸師にも共通しますね)
また、コミュニケーションをお客さんととりつつ、ニーズにあったカットやスタイリングをする事が大切なので、人と接する事が苦とならない、気配りのできる人にむいているシゴトだといえると思います。
美容院さんの美容師・床屋さんの理容師ともに手先の器用なイメージや細やかな感じが求められるシゴトです。
ここ最近、美容師は、ヘアスタイリストなどとも呼ばれるようになって、ハイセンス大好きな人にとって憧れの職業のひとつとなりました。

美容師は、美容院とか美容室のほか、結婚式場、エステティックサロンなどでも活躍してます。
ちなみに、テレビ局とか雑誌、広告の撮影現場で、出演者やモデルのメイクやスタイリングを担当するメイクアップアーティスト(ヘアメイク)として活躍人もいます。
一方、理容師も理容院とか理容室、床屋のほか、格安のカットサロン、介護施設などへの訪問理容や、エステティックサロンでシェービングを担当するなど、さまざまな働き方が考えられます。

うーむ、色んなところで活躍できるって素敵ですね!
私も色んな場所で活躍したいです〜
日々研究ですね。
昨日は美容院と理容院の違いを自分ながら勝手に書いてみました〜

文京区白山・千石の間にある白山はりきゅう整骨院でした。