こんにちは。昨日は雪が積もらなくてよかったです。
昨日はお客様からアルガンオイルの事を詳しく聞きたいと言われたのでアルガンオイルについて書いていきます。

製法や産地など、詳しく解説をしてます。
アルガンオイルとはどうゆうオイルなのでしょう? アルガンオイルは、ここ最近、美肌に導く理想的なバランスをもった天然の成分として、ヨーロッパを始め世界の各地の美容業界で注目を集めるようになりました。

世界でも希少なオイル

アルガンオイルは、伝統的な製法では100kgの実からわずか1リットルしか採れない非常に希少なオイルです。現在、アルガンツリーは、無くてはいけないものとなり、その森は国有林とされて保護をされてます。アフリカのサハラ砂漠の北西、モロッコの一エリアにのみ生息をしてるアルガンツリー。その実から抽出されるアルガンオイルは、先住民のベルベル人が何世紀にもわたって民間治療薬としてもちいたり、食用として重宝をされてきました。

アルガンツリーの驚くべき生命力

アルガンツリーは、7年間の雨が降らない状況でも枯れることなく、その根は地下40メートルまで伸びて地下水を吸い上げ、砂漠の地に8000万年も根を下ろしているのだそう。
そんなアルガンツリーの実から採れるオイルだけに、その効能が注目をされるのも当然の事でしょう。
アルガンオイルは、オリーブオイルやほかのオイルとは違い、果実からではなく、実の中の種を取り出して、さらに種の中の白い仁を絞って採油します。
その工程は次の通り。
アルガンツリー

アルガンオイルの抽出工程

  1. 抽出
    伝統的臼を使った圧搾と手絞り工程では、雑菌や水などが混入をし易く、オイルが劣化してしまいます。圧搾機をもちいた搾油は異物の混入も無く、熱への曝露も無いので高い品質のオイルを安定して搾油することが可能です。
  2. 乾燥
    オイルに使う実のところ樹から落ちたものだけを使用し、天日乾燥をします。
  3. 種の殻を取り除く
    この工程は、今も昔も女性たちによる手作業で行っています。

機械化により、世界の流通が可能になりましたが、実の選別や搾油など作業の殆どは、今でも機械で対応出来ないとても細かで熟練した技術と経験が必要な工程となっています。

どんな効果があるの?

ここでは、アルガンオイルの特徴と成分を紹介しながら、どのような効能があるのかまとめてみましたので、参考にしてみてください。

天然の豊富なビタミンEで老化防止

アルガンオイルには、必須脂肪酸やトコフェロールも多く含まれてますが、こちらもアンチエイジングに効果があるといわれてます。ビタミンEには抗酸化作用があり、肌の酸化を抑え、老化予防にも高い効果があると考えられています。アルガンオイルには、オリーブオイルの約2~3倍多くビタミンEが含まれてます。ヨーロッパの大学の研究によって、アルガンオイルにはアンチエイジング効果があると認められてます。
鏡を見る女性

オレイン酸でシミ・そばかす予防

オレイン酸には、シミ・しわの原因となる紫外線を予防する働きもあるので、日焼けによるシミ・ソバカスを防ぎ、しっとりみずみずしく、透明感のある肌に整えてくれます。
アルガンオイルには、心臓疾患や高血圧、動脈硬化、肥満などといった生活スタイル病の症状を改善・予防する効果を持ってるオレイン酸が、約50%も含まれてます。

水分と油分のバランスを整える

オイリー肌の方はもちろん、敏感肌、乾燥肌、すべての肌タイプの方に、対応できる万能オイルデス。
肌にアルガンオイルが浸透して一体と細胞間脂質となって、肌の水分や油分を整える作用を上げてくれます。ちなみに、人の皮膚と同じ成分や近い成分が角質間細胞に浸透をし、皮膚を柔軟にし乾燥からお肌を守り、若々しくする働きがあります。
また、水分と油分のバランスを整えることで、肌荒れ、吹き出物などのトラブルからも守ってくれます。

肌細胞を活性化させる

活発に新陳代謝がなり、肌細胞を活性化することにより、肌のトーンがが明るくなり、余分な角質が取り除かれる事により、肌のキメが整ってきます。
乾燥・日焼けなどのダメージが原因で起こる活性酸素を除去し、栄養を細胞に与え肌本来の周期に戻す働きがあります。

使い方はとにかくさまざま

ここでは、天然成分100%だから全身に使えるアルガンオイルの効果的な使い方や活用術を紹介します。
スキンケア

スキンケア

その1

肌年齢対策
洗顔後、アルガンオイルを掌に数滴とり、額、鼻、アゴ、頬と顔全体にのばしていき、指の腹を使って内から外に向かって、肌になじむまでゆっくりとのばしていきます。
その後ホットタオルで2~3分蒸してから、そのまま軽くふき取り、通常のスキンケアをすると、弾けるような若々しさを持ったお肌の土台づくりになります。さらに、乾燥肌にお悩みの方は、お手持ちのクリームとか美容液に混ぜて使うことで、アルガンオイルの持つ天然効果によって保湿力がアップをしますのでオススメです。

その2

基本の美肌づくり
日頃お使いの洗顔クリームにアルガンオイルを1滴プラスして泡立てます。
皮脂量をコントロールし、お肌のバランスを整えます。

その3

毎日のお手入れにプラスして
アルガンオイルに含まれる天然有効成分がお肌の奥まで浸透。
目元、口元、首のシワなど、疲れが溜まりやすく年齢が出やすいところには最後の乳液の前に適量をやさしくなじませたり、乾燥が特に気になるときや疲れがたまってる時などにも、マッサージをしつつなじませてあげると効果的です。

ボディケア

アルガンオイルを5~10ml(キャップ一杯)をお風呂に入れた後、軽く混ぜ合わせ、15分~20分ユックリと浸かって下さい。
水分との相性が良いアルガンオイルの贅沢なエッセンスが身体全体に優しくなじみ、ハリと潤いのある綺麗なボディラインへと導いてくれます。

ヘアケア

手のひらに少量を取り、手のひらであたため、髪の傷みやパサつきが気になる部分に軽く染み込ませ、残ったオイルを髪全体になじませて行きます。
頭皮の毛穴の汚れを落とし乾燥を防ぎ、乾いて傷んだ毛先、 枝毛や切れ毛をスムーズとしコートし、髪全体にしっとりとした潤いと艶を与えてくれます。

ハンドケア

>指先の冷えやカサつきが気になる方、お風呂上がりやリラクゼーションタイムに行うのがオススメです。

ベビーマッサージ

赤ちゃんの肌は、水分が多く皮脂が少ないので、 お風呂上りなどにスキンシップも兼ねて、ベビーマッサージをして適度な油分を補うといいでしょう。
敏感肌の赤ちゃんだから、天然成分のアルガンオイルなら安心です

お風呂に入る赤ちゃん

アンチエイジングにはアルガンオイル

やはりアルガンオイルの美容効果は他の美容オイルに比べて、活性酸素を除去する抗酸化物質が多く含まれているので 、エイジングケア対策や乾燥肌に高い効果がある事が分かります。
栄養を肌細胞に与えて新陳代謝を活発としすることによって、年齢肌に一カ所集中で効果を発揮し、肌のキメが整い、肌の色も明るくなることで、若々しい肌に再生をしてくれます。

私もアルガンオイルを使ってカッサを週に3回ほどセフルケアでやっておりますが、冬でも乾燥しなくなりました。オススメのオイルです。
美容鍼専門の白山はりきゅう整骨院 デン マサタダでした。
昨日は「蒸し美容」について書きました。ご覧下さいませ。