どーも毎度こんにちは。東京のオススメ美容鍼はこちら 白山はりきゅう整骨院です。
どーでもいいですが、毎日ブログを書いていますが、軽く腱鞘炎気味でございます。
整骨院で治療を受けたい今日この頃(汗)
では昨日の続きでございます〜
肌荒れについてです。

日常生活でできる予防法

1:室内の乾燥を防ぐ

加湿器をつける、濡れタオルを室内に干すなど、乾燥しすぎないように工夫をしましょう。

エアコンが効いた室内は湿度が低いため、季節に関係なく、肌荒れが起こりやすくなります。美容鍼は東京の白山はりきゅう整骨院6

2:睡眠をしっかりとる

自分の体型に合った枕を使ったり、部屋の照明を暗くして眠りにつくなど、質の良い睡眠をとるための工夫をしましょう。また寝る前に好きな音楽や香りでリラックスすると、より深い眠りを得ることができます。東京で美容鍼の白山はりきゅう整骨院

1日の睡眠時間は6時間以上が理想的ですが、睡眠時間が短くても、しっかり深い眠りが得られれば、新陳代謝が促進されます。

3:ビタミンと良質なたんぱく質を積極的にとる

ビタミンCはアセロラや緑黄色野菜、ビタミンEはひまわり油やアーモンド、良質な蛋白質は脂身の少ない肉類や魚に多く含まれています。

コラーゲンの生成に必要なたんぱく質に含まれるアミノ酸や、シミの原因となる過剰なメラニンを抑制する働きがあるビタミンCやその働きを助けるビタミンEを摂取しましょう東京で美容鍼の白山はりきゅう整骨院45

4:スキンケア、メイクアイテムを注意して選ぶ

また、クレンジングはオイルタイプより、クリームタイプ、ファンデーションはリキッドやクリームタイプよりも、パウダータイプのほうが肌の負担が少なくなります。

肌荒れには、とくに保湿ケアアイテムが非常に大事です。セラミドやヒアルロン酸など保湿成分が入ったものを積極的に選びましょう。
東京のオススメ美容鍼はこちら66

対処法

1:夏のスキンケアを見直す

パウダーファンデーションもしっかり塗布し、日焼けしやすい箇所の紫外線対策を日常からしていきましょう。

肌の状態は季節ごとに変わります。夏は毎日の日焼け止め乳液やクリームをほほ骨の部分に若干厚めに塗るように心がけてください。東京のオススメ美容鍼はこちら89

2:冬のスキンケアを見直す

肌が乾いたら、メイクの上からでも使える化粧水または美容液をつけましょう。

冬は外気や室内のエアコンの影響で乾燥しやすい季節です。東京の美容鍼灸なら白山はりきゅう整骨院22

3:市販の薬を使う

肌荒れの改善には、ヒフの再生を助けるビタミンB2、B6、肌を形成するコラーゲンの生成に欠かせないビタミンCや良質なたんぱく質、肌の代謝を助けるL‐システイン配合のビタミン剤も効果的です。美容鍼灸は東京の白山はりきゅう整骨院67

 意外に多い、唇あれ東京の美容鍼灸なら白山はりきゅう整骨院12

唇は角質層がとても薄く、乾燥しやすい場所です。
肌あれと同じように、湿度や体調、食生活が唇あれを引き起こす原因となります。もし荒れてしまった場合は、皮をむしったり、なめたりしないで、敏感肌用のリップや、はちみつを塗った後に
ラップを当てて保湿をしましょう。

 

東京で美容鍼の白山はりきゅう整骨院でした。
ではみなさんごきげんよう。
「お肌」の悩み承ります。ご相談下さい。

The following two tabs change content below.
デン マサタダ

デン マサタダ

都内の有名鍼灸院/整骨院勤務を経験。キャリア15年。施術人数5000人以上。様々なスキントラブルや体の悩みを抱えた患者様を担当する。特に得意なのは「ニキビ」や「肌荒れ」の根本からの改善。丁寧な施術と的確なアドバイスで肌荒れで悩む20代〜40代の女性に高い評価を頂いております。