毎度こんにちは。

美容鍼の東京白山はりきゅう整骨院デンです。

前回のブログは、赤ニキビは放置してしまって炎症を起こしているサインについて投稿していきました。

赤ニキビの炎症症状でお困りの方は是非参考にして下さい。

本日は夏のニキビの大敵である紫外線についてお話ししていきます。

300x250

夏のニキビの大敵は紫外線

images

女性にとって夏はすごしにくい季節です。暑くて汗が拭きだしてくるので化粧直しもこまめに行なわないといけないですし、オフィスに入ると冷房で冷えすぎていて今度は寒さ対策が必要。日焼け対策にも気を配らなければなりません

日焼けの原因、紫外線はしみやたるみ・ニキビの原因ともなる恐ろしい存在です。一年を通じて降り注いではいるのですが、特に夏場は紫外線の量が多くなります。

紫外線は、ビタミンD生合成に関係し、丈夫な骨を作るのに大切な役割を果たしてくれる大切なものです。

お日様に当たっていないと丈夫な体が育たないと言われるのはそのためです。

とはいえ、夏の強い紫外線を長時間浴びると今度は体にとって大敵になってしまうので注意しましょう。

毛穴パックをする前にこちらの記事も参考にして下さい。

 

紫外線とニキビの関係

26555_original

夏の長時間の紫外線がニキビと関係する理由として、活性酵素が発生することがあります。活性酵素も体にとって必要なものですが、それ以上の量になると大敵になり皮膚にダメージが与えられるのです。

日焼けで赤くなったり黒くなったりというのも活性酵素のせいですし、皮脂が酸化して毛穴に詰まりやすくなるのでニキビの原因となるのです。

皮膚内のスクワレンという成分が酸化しやすい性質を持っており、それが酸化することで周りの皮脂も連鎖的に酸化してしまうのです。

冬場は乾燥しやすく保湿をしっかりするけれど、夏は湿度も高くそれほど乾燥はないように思われます。

針でニキビをよくする方法はこちらの記事も参考にして下さい。

 

意外と乾燥している皮膚

しかしながら、紫外線にはお肌のバリア機能を崩壊させる作用もあり皮膚内の水分は蒸発してしまっているのです。

雑菌も侵入しやすくなりターンオーバーも乱れて、ニキビの原因ともいう皮脂の過剰分泌が起こってしまうのです。

暑い外と寒くて乾燥した室内の行き来を繰り返すことでも、角質の代謝が狂いがちです。ニキビ対策のためにと角質ケアをするのも夏場はやめておいた方がよいでしょう。

汗でべたつく季節だけに洗顔をしっかりしてさっぱりしたいという気持ちは分かりますが、体温調節のための汗はサラサラできれいな汗、そこまで念入りに洗顔する必要はありません。

やりすぎは逆にバリア機能を壊してしまって更なるお肌の乾燥を招くのでほどほどにしましょう。また冬と同じようにしっかり保湿をしてやることも必要なのです。

お尻のニキビでお困りの方はこちらの記事も参考にして下さい。

 

日焼け止めにも気をつける

5c6966678c9728a5691c941c930e5c59-e1449828556476

日焼けが嫌だからと塗る日焼け止めにも、またにきびの原因は隠れています。

SPFの数値が高ければ日焼けへの効果も強いですが、その分お肌への刺激も強く、お肌への負担が大きいのです。

間違えられがちですが、SPFの高さはガードできる時間の長さを示したもの。職場への行き帰りだけであとはオフィス内でこもっているというのならSPFの数値が低いもので十分なのです。

また、日焼け止めには油分も含まれていたりもしますからニキビの人にとっては大敵なものであります。

黄色ニキビでお困りの方はこちらの記事も参考にして下さい。

 

海水浴に行く時は?

海水浴に行くなど長時間太陽にさらされるというときには、SPFの数値が低いものをマメに塗るようにした方が、ニキビ肌であってもない人でもお肌への刺激が少なくてすみます。

日焼け止めは開封後1年くらいが消費期限です。開けると同時に酸化が進んでいくのでそれ以上前のものはお肌に悪いのです。

SPFの数値が高い昨年の夏の余りの日焼け止めを使用したり、なんてことを続けているとお肌トラブルが起こる危険性大です。

油分を取り除くためにも使用後はきちんと洗顔しましょう。専用クレンジング不要というものもありますが、やはりニキビが気になるならきちんと落としておいた方がお肌のために安心です。

ぬるま湯や泡を使ったやさしい洗顔を心がけ、終わった後はしっかり保湿するようにしましょう。

黒ニキビでお困りの方はこちらの記事も参考にして下さい。

 

日焼け止め以外の対策法

日焼け対策のためには日焼け止めは刺激が強すぎるので、

ニキビ箇所に塗るのはできるだけ避け、日傘や帽子・衣類で防ぐことを中心に行ないましょう。

購入する場合にもオイルフリー・無香料・無着色などお肌にやさしいものを心がけましょう。

紫外線を浴びることによってニキビ発生の確率が高まるだけではありません。すでにできているニキビ部分のメラニン合成が促進されることにより、

色素沈着して跡が残りやすくなったり治りにくくなったりという作用もあります。

夏の暑さは食欲も奪います。そうめんなど喉越しの良いものばかり食べていたり、冷たくて甘いアイスクリームやジュースばかり食べていたり、逆にスタミナを摂ろうと脂っこいものが中心になっていたりしますね。

赤ニキビでお困りの方はこちらの記事も参考にして下さい。

 

夏野菜を積極的に摂取する

DSC_1271

普段の食べ物もまたお肌には大きな影響を及ぼします。

おすすめなのは旬の夏野菜です。体を冷やしてくれる効果もありますし、ビタミンやミネラルも豊富です。

冷たい飲み物をがぶ飲みしがちですが、逆に温かい食べ物や飲み物で体を温め血行を良くしてやるように注意しましょう。

鼻のニキビが出来た時はこちらの記事も参考にして下さい。

 

まとめると

夏のニキビの大敵は紫外線をしっかり防ぐことです。

とはいえ

SPF数値の高い日焼け止めなど間違った方法で防ぐようにはしないこと

角質を奪うことなくお肌を清潔でみずみずしく保つこと

栄養のある温かいものを食べてお腹の中から健康に保つこと

これらに気をつけて暑い夏を乗り切りましょう。

美容鍼の効果はニキビ・ニキビ跡・毛穴にとても有効です。

お肌のお悩みお気軽にどうぞ~

美容鍼の白山はりきゅう整骨院でしたー。

The following two tabs change content below.
デン マサタダ

デン マサタダ

都内の有名鍼灸院/整骨院勤務を経験。キャリア15年。施術人数5000人以上。様々なスキントラブルや体の悩みを抱えた患者様を担当する。特に得意なのは「ニキビ」や「肌荒れ」の根本からの改善。丁寧な施術と的確なアドバイスで肌荒れで悩む20代〜40代の女性に高い評価を頂いております。 Masatada Den The Head of Hakusan Acupuncture/Osteopathy Clinic After working with the well-known acupuncture/osteopathy clinic in Tokyo, he has opened doors for his own clinic. With 15 years of experience, the Tokyo-based Acupuncturist has seen over 5,000 patients with many different problems. His specialty is 「Acne」「Skin Problems」to help treating them by identifying the roots that cause the problem. With his effective acupuncture treatments and advice, Den has gained the reputation particularly in the areas of skin problem for women ages between 20 - 40.