毎度こんにちは。美容鍼の東京の白山はりきゅう整骨院です。
本日はニキビの中でも「赤ニキビ」の治し方についてご説明していきます。
赤いニキビでお悩みの方は是非参考にして頂き、
ニキビのない、美しい肌になれるよう願っております。
300x250

赤ニキビの原因と治療法

ニキビの種類は色々ある

ニキビには「白」「黒」「赤」「黄」「紫」などの様々な種類があります。

白ニキビから赤ニキビまでは正しい肌ケアを行っていれば、特別なことをしなくても、自然に良くなることがほとんどです。

ニキビを早く治すために知って欲しい肌のメカニズム。

ただし、ニキビのできやすい人、
繰り返しできてしまう人にはやはり様々な原因がありますので、
それを突き止めないと、同じような症状に悩まされることになります。
肌質は持って生まれたものという考え方もありますが、
肌トラブルの多くは3つの後天的な要因によって引き起こされています。

  • 乱れた食生活
  • 不規則な生活
  • 運動不足

特に食べ物では刺激物を好む人もリスクが高くなります。
1302024top

赤ニキビは注意が必要

種類別に見ていくと、白ニキビや黒ニキビの段階では気になるなら、クリニックに行って「面法圧出」を受ければすぐに改善できます。

それほど手間も時間もかかりませんし、
肌の状態にもそれほど深刻な影響が出ている段階ではありません。

【参考記事】
白ニキビの治し方から原因を知る

しかし、赤ニキビになると少し悪化している状態であり、ケアをする際には注意が必要です。
赤ニキビは初期の種類のニキビと比べると、肌への影響が大きくなりつつありますので、

誤ったケアを行って刺激を与えるとメラニンの生成量が増えて色素沈着を起こしたり、より酷い炎症を引き起こしたりします。
beauty-beauty-tips-skin-skin-care-Favim.com-2022152

赤ニキビはなるべく触らない

赤ニキビは肌に違和感を感じたり、軽い痛みを伴うことも。
そのため気になって触れてしまうなど、無意識に刺激を与えてしまうことも。

<手の雑菌が肌にも付着し、それが悪さをしてしまうことがありますので、この点にも注意が必要です。

必要のない時には触れないようにし、ケアを行う時でもできるだけ強い刺激を与えないように心がけます。

赤ニキビは強い炎症を起こしている

赤ニキビは明らかな炎症を起こしており、放置すると危険です。
外的刺激にも反応しやすい状態になっており、<正しいケアを行わないとニキビ跡が残ってしまう恐れがあります。
acne-150313

赤ニキビも最初のうちは初期の種類のニキビでしたが、それが炎症を起こして腫れを伴ってしまい、赤ニキビになります。

赤ニキビの中では何が起こっているのか

赤ニキビの状態を詳しく見ていきます。

毛穴の内部でアクネ菌が増殖すると「リパーゼ」という、脂肪分解酵素の働きによって脂肪を分解するしていくのですが、その働きには炎症を促進する作用がありますので、放っておくと赤く炎症を起こしてしまいます。

ここまで進むと重症化した皮膚炎と同じようなものであり、
触ると酷く痛んだり、皮膚の隆起が気になるようになります。

赤ニキビは水分を奪う

炎症を起こしている時の皮膚は水分を保持しておく能力が失われますので、肌はますます状態が悪くなります。

水分不足に陥った肌はバリア機能が弱まり、更に外的刺激を受けてトラブルを悪化させるという悪循環に陥ります。
binkan

ですから、このニキビもこの段階まできてしまったら、早急に正しい処置を行わなければならず、自己判断で誤ったセルフケアに頼っていると跡に残ってしまって、それを消すのが大変になります。

【関連記事】
ニキビ跡や色素沈着を早く治す方法

赤ニキビの治療法は?

赤ニキビができてしまったら、毛穴をクリーンにするような治療だけでは不十分です。
この種類に必要なのは炎症を抑えるための抗生剤です。

抗生剤による治療は外用薬と内服薬があり、これは医師の判断で処方されます。

顔のニキビであればアクネ菌が主な原因なります。

そのためまずは抗生剤による治療で炎症を抑えて、それから肌を安定させるための治療を行います。

体にできたニキビは?

体にできたニキビはカビの一種であるマラセチアが原因になっているケースもあります。

その場合には抗真菌剤が用いられます。

炎症の度合いによってはステロイド剤が処方されることもありますが、ステロイド剤は非常に強い薬ですので長期にわたる使用には向きません。
386_104338_1

本当に必要な時だけ短期間(3週〜4週間)利用するのが一般的です。
炎症を抑えるための抗生剤やステロイド剤による治療は非常に効果的であり、症状を素早く食い止めることができます。

しかし、これらの治療は根本的な解決にはつながりませんので、治療を行いながら同時にニキビができる原因についても考えなければなりません。

抗生剤は善玉菌まで殺してしまいますので肌の健康を損ねることになりますし、<ステロイド剤は肌のバリア機能を低下させるので、使用した後は非常にデリケートになってしまいます。

赤ニキビの原因は

赤ニキビをはじめとしたニキビができてしまう原因として考えられるのは、バリア機能の低下や毛穴の詰まりです。

バリア機能の低下は肌の中の水分と油分のバランスが悪くなることで起こりますので、
<保湿ケアを徹底する必要があります。

赤ニキビにはホルモンバランスが重要

また、毛穴の詰まりはホルモンバランスが乱れることにより、引き起こされます。
そのため男性ホルモンの量が増えると毛穴が縮こまって角栓が詰まりやすくなり、ニキビの主な原因となります。

a0d8b0be-3715-4fe3-873a-5e68a915ebf8_4x3_690x515

ですから、女性ホルモンの量を増やすホルモン療法は、どのような種類のニキビであっても有効な手段であり、現在できているものを改善させるというだけでなく、今後できないようにという意味で治療が行われることも多いようです。
ホルモンバランスは規則正しい生活を送ることでも整えられます。

まとめると

ニキビ治療の基本は

  • 規則正しい生活
  • バランスのとれた食事

から始まります。

ストレスもまた、交感神経を優位にさせ、ニキビの原因の1つである「皮脂」の分泌を高めます。上手なストレス発散法もあるといいですね。

お肌のご相談いつでもお受けいたします。
美容鍼の白山はりきゅう整骨院でした〜。
300x250

The following two tabs change content below.
デン マサタダ

デン マサタダ

都内の有名鍼灸院/整骨院勤務を経験。キャリア15年。施術人数5000人以上。様々なスキントラブルや体の悩みを抱えた患者様を担当する。特に得意なのは「ニキビ」や「肌荒れ」の根本からの改善。丁寧な施術と的確なアドバイスで肌荒れで悩む20代〜40代の女性に高い評価を頂いております。