毎度こんにちは。

東京都の美容鍼白山はりきゅう整骨院デンです。

前回はニキビの原因を今日こそ知るブログ!を投稿していきました。

ニキビでお困りの方は是非参考にして下さい。

本日はニキビの主な原因である、アクネ菌とマラセチア菌の対処法についてご説明していきます。

正しい知識で毎日のスキンケアに励んで下さいませ。

ニキビができる場所や原因についてはこちらの記事も参考にして下さい。

300x250

ニキビの原因のアクネ菌とマラセチア菌の対処法

思春期頃から悩まされ始める人の多いニキビですが、

実は皮膚の病気であることをご存知でしょうか。

そのまま放って置くなど適切な処置ができていない場合、後々ニキビ跡として残ってしまう恐れがあります。

綺麗な肌を保つためにも、ニキビについて知り、きちんとケアしていくことが大切なのです。まず、なぜニキビは出来てしまうのでしょうか。ご説明していきます。

常在菌について詳しくはこちらの記事も参考にして下さい。

 

ニキビの原因、よく耳にするアクネ菌とは?

dsc_4211

ニキビの原因としてよく挙げられる「アクネ菌」。

アクネ菌は皮脂を好むため、皮脂の多いTゾーンなどで増殖します。

思春期頃になると、ホルモンバランスの変化により皮脂の分泌量が多くなります。

それにより毛穴周辺の皮膚が異常をきたすと、毛穴に皮脂がつまり始め、

そこに、ニキビの原因であるアクネ菌が増殖します。

その結果、毛穴周辺の皮膚が炎症を起こし、ニキビとなってしまうのです。

白ニキビの治療や原因はこちらの記事も参考にして下さい。

 

ニキビは跡にならないよう予防が大事

このニキビは毛穴を広げる原因となるだけでなく、皮膚の組織を破壊し、治ったとしても跡が残ってしまいます。

そのため、出来てしまったニキビのケア、また、出来てしまわないよう事前に予防することが大切なのです。

ニキビの予防のために気をつけるべき事として、皮膚を清潔に保つよう心がけましょう。

特に顔などは、もともと皮脂の分泌が多いのに加え、ファンデーションを塗ることで更に毛穴をつまりやすくしてしまいます。

ファンデーションが肌に残ったままにならないよう、お化粧はしっかり落とすように気をつけましょう。

鼻のニキビでお悩みなら、こちらの記事vも参考にして下さい。

 

規則正しい生活でニキビを対処する

e3208

 

また、日頃のストレスや食生活の乱れもニキビを悪化させる原因となりますので、

規則正しい生活と清潔な肌を保ちましょう。

とは言え、確かに皮膚を清潔に保つのは大切ですが、

一日に何度も洗顔を繰り返すなど過度に肌を乾燥させてしまってはいけません。

肌を乾燥させることは更なる皮脂の分泌を促し、アクネ菌を増やす原因になってしまうためです。

適度な洗顔と保湿が重要だということを意識しておきましょう。

いくら洗顔を頑張ってもニキビがよくならない方ははこちらの記事も参考にして下さい。

 

絶対にやってはいけないこと

Caucasian teenager popping pimple

次に、ニキビが出来てしまった時に注意したい事ですが、やってはいけないのは、

自分でニキビを潰すことです。

肌に力を加えることで皮膚を傷つけてしまい、傷跡が残ってしまったり、炎症を悪化させる原因にも繋がるためです。

指から細菌が移ってしまうのを防ぐためにも、なるべく触らずに肌を清潔に保ちましょう。

その他にできるケアとして、市販薬やスキンケア用の商品を使用するのもおすすめです。

アクネ菌を減らし、肌の炎症を抑える効果があるものや、皮脂の分泌を抑える効果を持つものもあります。

正しい使用方法で、きちんとケアするよう心がけましょう。

ニキビを針で早く治す方法はこちらの記事も参考にして下さい。

 

自己判断せずに、近所の皮膚科さんへ

それでもなかなか炎症が治まらない場合は、皮膚科を受診するのも良いでしょう。

その時の症状の種類に応じた治療を受けることが出来ます。最近では漢方を出してくれるドクターも多いようです。

体質に合わせた薬を処方してもらえるといいですね。

 

肌に炎症を起こすマラセチア菌とは

次に、もう一点知っておきたいこととして、マラセチア菌の対処法が挙げられます。

肌に炎症を起こす原因となる菌は、アクネ菌だけではないのです。

ニキビは顔以外にも皮脂の分泌が多い部分にできます。

顔ではなく身体に出来てしまった場合は、アクネ菌ではなくマラセチア菌が原因となっている可能性があります。

ニキビの時に気をつけたい食べ物はこちらの記事も参考にして下さい。

 

マラセチア菌はカビの一種

Young Woman Washing Her Face

マラセチア菌はカビの一種とされていますが、アクネ菌と同様に、実は普段から私たちの皮膚に住んでいる菌のひとつです。

皮脂の多い部分で増殖しやすい点は同じなのですが、

アクネ菌が原因の症状とマラセチア菌が原因の症状は、

別のものとして分けて考えられています。

マラセチア菌によって起こった肌の炎症はマラセチア毛包炎と呼ばれ、

肌の一定の範囲に小さな吹き出物がブツブツと出来てしまうのが特徴です。

赤みやかゆみ等の症状も感じることがなく、背中や胸、頭皮など皮脂の多い部分にできやすいです。

毛穴パックをする前にこちらの記事も参考にして下さい。

 

マラセチア菌の特徴と予防法

また、温度が高くてもマラセチア毛包炎は出来やすくなるため、高温多湿になりがちな夏の時期などは特に注意が必要となります。

予防としては、やはり皮膚を清潔に保つことが最も効果的です。

汗ばむ時期は清潔なタオルで汗をふき取る他、寝具にも注意が必要です。

汗をかいたまま湿度が高い状態が続くことはマラセチア菌の増殖を促進してしまうため、

枕やシーツの衛生状態にも注意するようにしましょう。

また、人だけでなく、実はペットの皮膚にも潜んでいる菌のため、ペットと触れ合った後にも注意が必要となります。

黒ニキビにお困りの方はこちらの記事も参考にして下さい。

 

マラセチア毛包炎の対処法(ケア法)

top3

マラセチア毛包が出来てしまった場合のケアとしては、

抗カビ成分が含まれた薬品やスキンケア商品を使用してください。

アクネ菌用の対策では、マラセチア菌には効果がありませんので気をつけましょう。

抗カビ成分の薬品を使用すれば、実はマラセチア菌は比較的簡単に抑えることができます。

こちらも、皮膚科の受診によって治すことも可能ですので、自分で判断が難しい場合や、

使用している市販薬では炎症が改善されない場合などには医師の診断を受け、

状況にあった治療を受けましょう。

 

ニキビの対処法をまとめると・・・

ニキビの悩みをなくすためには、症状の特徴を知り、

日頃からの予防や正しいケアの方法を知ることが大切です。

綺麗な肌を保つために、正しい知識をもって向き合うように心がけましょう。

美容鍼の効果は、ニキビ・肌荒れ・くすみなどにとても有効です。

お肌のお悩みいつでもどうぞ〜

美容鍼の白山はりきゅう整骨院デンでしたー。

300x250

The following two tabs change content below.
デン マサタダ

デン マサタダ

都内の有名鍼灸院/整骨院勤務を経験。キャリア15年。施術人数5000人以上。様々なスキントラブルや体の悩みを抱えた患者様を担当する。特に得意なのは「ニキビ」や「肌荒れ」の根本からの改善。丁寧な施術と的確なアドバイスで肌荒れで悩む20代〜40代の女性に高い評価を頂いております。