毎度こんにちは。

美容鍼の東京白山はりきゅう整骨院デンです。

前回のブログはニキビのできる部位に合わせたケア方法について投稿していきました。

ニキビができた部位のケアでお困りの方は是非参考にして下さい。

本日はできてしまった夏のニキビの治療方法についてご説明していきます。

300x250 

できてしまった夏のニキビの治療方法について

maldives_beach_summer_wallpaper_1920x1080

ニキビができないように色々気を使っていても、それでもできてしまうことはあります。特に夏場は要注意です。

体質や体調不良、ホルモンバランスの乱れなどその他の様々な原因に加えて、暑さが追加されるからです。

できてしまったものをいくら悔やんでも仕方ありません。症状が悪化しないように、跡が残らないように適切なケアをすべきです。

専門家にしかできないニキビの種類はこちらの記事も参考にして下さい。

 

夏場にニキビができやすい原因

困っている女性

夏場はニキビができやすいです。その原因はずばり肌が不潔になりやすいからです。夏は暑いです。動物はあまり体温が上がると危険になるので体温調節の機能が備わっています。

その一つが発汗作用です。暑さから身を守るために汗を放出して体温調整しますし、それに伴って皮脂の分泌も増えるので、毛穴詰まりの原因となり、ニキビができやすくなるのです。

 

夏のニキビの対策法

%e6%9d%b1%e4%ba%ac%e3%81%ae%e7%be%8e%e5%ae%b9%e9%8d%bc%ef%bc%91%ef%bc%93

夏場にニキビができやすい原因がわかれば、その対処法も簡単にわかるでしょう。清潔にすればいいのです。こまめに洗顔をして肌を清潔に保つことが重要です。

ただ、ここで注意したいのが洗顔のし過ぎです。汗や皮脂は雑菌の温床となることから嫌がられる存在ですが、適量であれば天然の保湿剤といった大事な役目を果たす存在です。

洗顔して清潔に保つのはいいですが、過剰な洗顔によってこの天然の保湿剤がなくなってしまうと肌は外界からの脅威にさらされることになります。そうなると危険ですのでさらに皮脂の分泌を促すといった負のスパイラルに陥ってしまいます。

肩にできるニキビはこちらの記事も参考にして下さい。

 

洗顔時の注意点

%e7%be%8e%e5%ae%b9%e9%8d%bc%e3%81%ae%e6%9d%b1%e4%ba%ac%ef%bc%91%ef%bc%92

肌が脂っぽくて気持ち悪いから、一日に何回も洗顔料を使って顔を洗っているのにオイリー肌が治らないという方は、このように過剰な洗顔が原因の可能性が高いです。

そうならないようにやっても朝夕の2回にとどめておきましょう。スポーツなどで大量に汗をかいて気持ち悪いという時は、それ以外にも洗顔しても構いませんが、その後の保湿はいつもよりもしっかりすることです。

ただ、できてしまったニキビに関して清潔にするだけではどうにも治らないことがあります。そんな時は躊躇せずに皮膚科を受診することです。

生え際にできるにニキビでお困りの方はこちらの記事も参考にして下さい。

 

ニキビは皮膚の疾患の1つ

ちょっと前にはテレビCMで「ニキビができたら皮膚科へ」というメッセージが流れていました。ニキビは尋常性ざ瘡といった名前のあるれっきとした皮膚病の一つです。

病気やケガをしたらまずは病院に行くでしょう。それと同じでニキビも皮膚科を受診すべきなのです。皮膚科であれば各症状に合わせた最適な治療方法を受けられます

保険がきく一般のクリニックでもいいですが、お金に余裕があるなら美容系のクリニックがおすすめです。こちらは健康保険が使えないので高額な治療費がかかりますが、治療方法が豊富です。

一般のクリニックでは受けられない最新の治療方法も受けられるので、お金がかかってもいいからとにかく早くきれいに治したい方におすすめです。

首にできるニキビの原因や対策法はこちらの記事も参考にして下さい。

 

気をつけたい紫外線

bb16ec7700852e03408be4a66b5343b3_s-580x435

夏場のニキビの治療で厄介なのが紫外線です。いくら正しい治療方法をしてもこのケアを間違うと、ニキビの炎症自体は治っても跡が残る可能性があります。夏場の紫外線は強いです。

特に波長の短く、シミやそばかすの直接の原因となるといわれるB波が強いです。

健康な肌であってもこれが原因でシミやそばかすになることがあるくらいですから、ニキビや治りかけの状態、治って間もない肌にはかなりの脅威となります。

そんなデリケートな肌を強い日差しから守ることです。

ニキビが悪化する原因はこちらの記事も参考にして下さい。

 

日焼け止めだけでは不十分

higasa01

健やかな肌であれば日焼け止めでいいですが、ニキビができている状態の肌に日焼け止めはNGです。成分がよくないですし、付ける際に潰してしまっては大変だからです。

日差しをよけるには皮膚科で処方された専用の絆創膏を使うのがいいでしょう

つばの広い帽子で日差しをよけてもいいですが、よけきれないことがあるのでできれば患部自体を覆ってしまう方がいいでしょう。

さらに夏場のニキビで注意したいのが冷房です。エアコンで室内が乾燥するのは冬場だけと思っていませんか。

実は夏場の冷房時も室内は非常に乾燥しています。そのため室内にこもりっきりの仕事をされている方などは、肌の乾燥に注意が必要です。

紫ニキビの原因や対策はこちらの記事も参考にして下さい。

 

化粧水だけでは保湿にならない

%e6%9d%b1%e4%ba%ac%e3%81%ae%e7%be%8e%e5%ae%b9%e9%8d%bc%ef%bc%97

乾燥防止のために化粧の上から霧吹きのように化粧水をふりかけている方がいますが、これは間違いです。付けた瞬間は潤ったように感じますが、その水分はすぐに蒸発しますし、その際に肌内部の水分まで一緒に持って行ってしまいます

その結果、化粧水をふりかける前よりも乾燥してしまうわけです。正しい使い方は、化粧水をふりかけてその後に乳液などでふたをするといいのです。

ふたをすることで水分が肌内部にとどまり、その効果を初めて実感できるわけです。ニキビができている場合は、ふたをするために使う乳液の種類には注意しましょう。

ニキビ用のものを使えば間違いないですが、オイルフリーのものであれば基本的に大丈夫です。

もちろん炎症をおこしてかゆみや痛みがあったり、膿を持っている部分にはどんな化粧品でもNGですが、いわゆる角栓といわれる状態ならオイルフリーであれば使っても構いません。保湿をして肌を健やかに保ちましょう。

黄色ニキビでお困りの方はこちらの記事も参考にして下さい。

 

まとめると

夏にできるニキビの原因の1つは「紫外線」。紫外線はニキビを悪化させるだけでなく、色素沈着も促す作用があります。

日焼け止め+つばの深い帽子などで、細心の注意を図ってくださいね。

美容鍼の効果はニキビ・ニキビ跡・毛穴にとても有効です。

お肌のお悩みお気軽にどうぞ~

美容鍼の白山はりきゅう整骨院でしたー。

The following two tabs change content below.
デン マサタダ

デン マサタダ

都内の有名鍼灸院/整骨院勤務を経験。キャリア15年。施術人数5000人以上。様々なスキントラブルや体の悩みを抱えた患者様を担当する。特に得意なのは「ニキビ」や「肌荒れ」の根本からの改善。丁寧な施術と的確なアドバイスで肌荒れで悩む20代〜40代の女性に高い評価を頂いております。