院長よりご挨拶 | 東京の美容鍼専門「白山はりきゅう整骨院」

  • HOME »
  • 院長よりご挨拶

院長よりご挨拶


ご挨拶

当院のHPにお越し頂きありがとうございます。 私、白山はりきゅう整骨院 院長 田 真忠(デン マサタダ)と申します。 2014年10月にHPを開設して、ニキビや肌荒れに悩む多くの患者様を施術させて頂きました。IMGP2481

鍼灸の効果はすごい

最近では、美容鍼を取り入れる治療院が都内に増えてきました。
鍼灸治療が若い方にも認知されるようになり、とても嬉しい事と考えております。
一般的な美容針の効果は「小顔」「ほうれい線」に注目されています。

たしかに美容鍼の効果は、ほうれい線やたるみに効果がございます。

しかし、一番効果のあるスキントラブルは
「ニキビ」「肌荒れ」
と当院では考えております。

なぜニキビに特化したのか?

実は私自身も、10代後半から20代にかけて「ニキビ」に悩まされていました。
正直なところ、洗顔や食べ物、日常生活も細心の注意を払っていましたが、ニキビは改善しませんでした。
そこで、ニキビで途方にくれている頃、友人から鍼灸の先生を紹介してもらいました。

最初は鍼でニキビなんて良くなるのかな?と半信半疑でしたが、
10日に1回ずつのペースで3ヶ月程通ってみると、あご周りに繰り返していた赤ニキビができなくなりました。

「これはすごい!」と思いました。今でもその感動は忘れられません。
その頃から私と同じ、ニキビの悩みを抱えている人達に
「鍼灸」でニキビが良くなって欲しいと考えました。

当時は「美容鍼」と言う、言葉さえありませんでした。

ニキビの原因

現在ではインターネットが発達して、様々な情報が簡単に手に入るようになりました。
当院にお越し頂く患者様も熱心に情報を収集され、ニキビになる原因は知り尽くして来院されます。
しかし、ここで簡単にニキビの原因をおさらいします。

ニキビとは、医学的観点で診ると
皮膚の慢性炎症

ターンオーバーの乱れ
の2つが挙げられます。

逆を言えば、・皮膚の炎症

ターンオーバーの正常化
さえすれば、ほとんどのスキントラブルは解消していきます。

鍼とニキビ

鍼は患部の炎症を抑え、自然治癒力を促すことが非常に得意です。
例えば、捻挫・打撲の急性期に鍼を打つと、患者さんもびっくりするほど早期に回復をします。

ギックリ腰や寝違えなど患部の炎症症状が強いため、鍼を打てばすぐ治ります。

繰り返しますが、ニキビは「皮膚の炎症症状」を指します。
そこで、炎症がある患部(ニキビ周辺)に鍼を打つとどうなるか、もう分かりますよね?鍼が炎症を抑え、肌の自然治療力が高まり、あっという間に回復します。

また、もう一つのニキビの原因である「ターンオーバーの乱れ」も鍼を打つこ
とで血液の巡りが良くなり、ターンオーバーも改善されます。

最後に

ニキビについて研究している鍼灸師は私以外、今現在見たことがありません。
5年後、10年後には「鍼灸ニキビ研究者の第一人者」となれるよう日々貪欲に研究・挑戦をしてまいります。

ホンマにニキビ良くなるんかい?という方はとりあえず、当院にお越し頂き相談だけでも構いません。
きちんと説明をして、患者様が十分納得して上で施術をしていきます。

中にはニキビで皮膚科さんに行かない人も多いので、ぜひ皮膚科さんも通院しながらの鍼をオススメします。

西洋医学と東洋医学のコラボで最短・最速でニキビは治ります。

最近忙しいので、当日予約は勘弁して下さい。

あなたのニキビが早く治りますよに! 

院長プロフィール

  • 1983年東京都足立区生まれ
  • 鍼灸師/柔道整復師
  • 趣味:ダイビング/お酒/読書
  • Apple製品大好き(最近はAppleWatchがお気に入り)

IMG_8957
↑宮古島の海にて

厚生労働省 国家資格免許

鍼灸師(登録番号125222号) 柔道整復師(登録番号77573号) 白山の美容院はすご腕

千石の美容院はすご腕

文京区の美容院は上手

The following two tabs change content below.
デン マサタダ

デン マサタダ

都内の有名鍼灸院/整骨院勤務を経験。キャリア15年。施術人数5000人以上。様々なスキントラブルや体の悩みを抱えた患者様を担当する。特に得意なのは「ニキビ」や「肌荒れ」の根本からの改善。丁寧な施術と的確なアドバイスで肌荒れで悩む20代〜40代の女性に高い評価を頂いております。
24時間365日相談受付中
facebookで相談する
お問い合わせ
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
メイク用品をご持参下さい。

bn_credit

お悩み別コンテンツ

よく読まれている記事

PAGETOP