どーも
みなさんこんにちは。
東京の美容鍼なら白山はりきゅう整骨院です。
当院では美容鍼のお客様以外にも多いのが婦人科疾患で悩んでいる方がすごく多いです。
東洋医学は女性の婦人科疾患にすごく良く効くのです。
例えば足の内くるぶしにある「三陰交」さんいんこう のツボは女性ホルモンのバランスを整える所でもあるのです。
美容鍼治療では欠かせないツボとなっております。
と、いう事で本日から10回に分けて女性が悩む「婦人科疾患」についてブログを書いていきます。
ぜひ、このブログでご自身の健康管理に役立てて頂けたら幸いです。
美容鍼灸の東京へようこそ。

まずは生理痛についてです。

生理痛について

受精卵の着床に備え厚くなった子宮内膜が不要になってはがれ落ち、血液とともに体の外に排出される際の子宮の収縮が痛みを生み出します。

一般的には生理(月経)中に起こる下腹部、腰部の痛みのことを指します。
では原因/疾患/予防法/対処法についてそれぞれ考えていきます。
美容鍼のオススメは東京の白山はりきゅう整骨院5

生理痛について

日常生活から考えられる原因

生理に関係する疾患

日常生活でできる予防法

対処法

日常生活から考えられる原因

1:子宮の発達の未熟

10代の若い女性は、子宮が未成熟で子宮頸部が狭く、月経血がスムーズに流れず子宮内部に溜まり、滞った月経血を押し出すために子宮が強く収縮して痛みが起こることが多々あります。

2:思春期や更年期の女性ホルモンの分泌の変化

更年期の頃になると女性ホルモンの分泌が減って、子宮収縮の他に、子宮内膜がはがれるときにも生理痛が起こることがあります。また、10代の思春期には子宮の発育不全によって女性ホルモンが正常に分泌されないことがあり、それらが原因で生理痛が起こります。東京の美容鍼灸なら白山はりきゅう整骨院2

3:体質的にホルモンの分泌が多い

女性ホルモンは子宮内膜でつくられ、子宮を収縮させて経血の排出を促すホルモン、プロスタグランディンの分泌が多いと、子宮の収縮が強くなり、生理痛が強くなります。

4:精神的なストレス

仕事での精神的なストレスや過労、生活環境などからきていることも多く、生理痛にも影響を及ぼし、生理痛を悪化させます。また生理前や生理中に気分が落ち込んだり、イライラしてしまったり、夜寝れない事や不安、怒りなどが強くあらわれ、自分自身がでコントロールできなくなってしまう方がいます。美容鍼灸は東京の白山はりきゅう整骨院3

5:冷えなどによる血流の悪化

締め付けのきつい服装や下着の着用によって骨盤内の血液が悪化すると、生理痛が増強する事があります。また体が冷えたり、慢性的な運動不足が続くと骨盤内の血流の悪化を招き、生理痛を引き起こすことがあります。
東京の美容鍼なら白山はりきゅう整骨院3

6:生理痛の原因となる主な疾患

精神的ストレスや冷えが原因で起こる子宮困難症でも、激しい生理痛に悩まされる事も少なくありません。子宮内膜症や子宮筋腫、子宮腺筋症のように、子宮やその周辺に腫瘍や細胞組織が発生する疾患が、生理痛の原因となります。また、生理前にイライラやむくみなど心と体に不快な症状があらわれる月経前症候群(PMS)でも、疼痛を感じる事があります。

ではまた明日。
東京で美容鍼の白山はりきゅう整骨院でした。

The following two tabs change content below.
デン マサタダ

デン マサタダ

都内の有名鍼灸院/整骨院勤務を経験。キャリア15年。施術人数5000人以上。様々なスキントラブルや体の悩みを抱えた患者様を担当する。特に得意なのは「ニキビ」や「肌荒れ」の根本からの改善。丁寧な施術と的確なアドバイスで肌荒れで悩む20代〜40代の女性に高い評価を頂いております。