どーも。毎度こんにちは。
東京のオススメ美容鍼はこちらです。
昨日は福岡から「牡蠣」を取り寄せました。
蒸し器で「蒸し牡蠣」にして食べました。
ヤバい美味しかったです。
images-1
おかげ様で本日は朝から超元気です。
巷で聞く「海のミルク」の称号が分かりました。
では昨日の続きです。

胃の粘膜の働き

粘液の中には胃酸を中和する物質などがあり、それらによって酸が中和されているのです。

強い酸で胃の組織が傷つけられないのは、胃壁を覆う胃粘膜の表面から出る粘液によって、胃が溶けないよう守られているからです。

このように胃は、胃酸ペプシンなど胃粘膜を傷つける攻撃因子と、それらの攻撃因子から胃粘膜を守る防御因子とのバランスを保つことによってコントロールされているのです。ところが、何らかの刺激によってこのバランスが崩れると、胃粘膜が傷ついて潰瘍などになり易くなるのです。例えば、不規則な生活やストレス、非ステロイド性消炎鎮痛剤など(頭痛薬、生理痛薬、風邪薬など)の薬、あるいはお酒の飲み過ぎによっても粘液の抵抗が弱くなります。
美容鍼のオススメは東京の白山はりきゅう整骨院48

胃酸のでるメカニズム

人間の体には胃酸の分泌のセルフコントロール機能が備わっています。いうならば、胃の中にセンサーがあって、胃酸の分泌も抑制もオートセンサーで全てコントロールされているのです。

食物が胃に入ってきて、直接胃の壁を刺激することでも胃酸は分泌されます。

胃酸の分泌は脳、胃、十二指腸の連携によって調節されています。まず、おいしい食べ物を見たり、においを嗅いだりすると、その刺激が大脳から自律神経系を介して胃に伝わり、胃酸の分泌を促します。

胃での消化が終わり、食物が十二指腸にうつると、今度は胃酸の分泌が抑制されます。
美容鍼は東京の白山はりきゅう整骨院35

 さまざまな胃のトラブル

胃もたれ・胃重

食後いつまでたっても胃がすっきりしない状態であります。

ストレスや睡眠不足など様々な原因で起こり、消化が悪く、胃の中に食べ物がいつまでも残っているように感じるます。美容鍼のオススメは東京の白山はりきゅう整骨院45

胸やけ

みぞおちの辺りが焼けるように感じることで、胃液が食道に逆流し、食道の粘膜を刺激して起こります。

胃酸の濃度が高いときに起こる症状ですが、無酸症でも胸やけが起こる場合があります。

食べすぎ・飲みすぎ

消化・吸収できる能力以上のものが胃腸へ入ると、そのしわよせが必ず後々どこかに出てきます。

「食べすぎ・飲みすぎ」は症状ではありませんが、これらが胃もたれや胃痛の原因になり、食べ物が胃や腸の中で充分に消化されずに発酵したりすると、お腹が張ったり下痢などを引き起こしマス。
美容鍼のオススメは東京の白山はりきゅう整骨院49

食欲不振

とかく忙しい人は仕事に追われて、詰め込むだけの食事になりがちですが、楽しく食事するという習慣をつけることが大事デス。

ただ、いつまでも続く場合には胃腸だけでなく、他の病気が原因であることも考えられるので要注意です。

ストレスや不安による場合の他、食事環境も原因のひとつです。
東京の美容鍼灸なら白山はりきゅう整骨院43

ではまた明日。
美容鍼は東京の白山はりきゅう整骨院でした。

The following two tabs change content below.
デン マサタダ

デン マサタダ

都内の有名鍼灸院/整骨院勤務を経験。キャリア15年。施術人数5000人以上。様々なスキントラブルや体の悩みを抱えた患者様を担当する。特に得意なのは「ニキビ」や「肌荒れ」の根本からの改善。丁寧な施術と的確なアドバイスで肌荒れで悩む20代〜40代の女性に高い評価を頂いております。