あと少しで桜が咲きますね。
先月は受験生が当院に治療にお見えになられました。
眼精疲労と頭痛を訴えておりましたが、頭痛のツボに鍼を打ったらラクになったそうです。
体調バッチリで受験当日に臨んで「合格」のお知らせを昨日受けました。
おめでとうございます〜本人の積み重ねた努力がようやく結ばれましたね。
では生理痛などに対しての対処法でございます。

対処法

1:無理をせず横になる

生理痛があるときは、スカートやパンツのベルトやフックをはずし、腰回りを楽にして横になりましょう。
膝を曲げると、お腹周りの筋肉がゆるみ、骨盤内の血流が良くなるため、痛みがやわらぎます。時間があるときは、部屋を薄暗くし、お腹に膝掛けをかけたりカイロをあてるなどして温め、30分位すると痛みがラクになります。
美容鍼のオススメは東京の白山はりきゅう整骨院6

2:イライラしたときは香りでリラックスする

鼻から入った香り成分は、ダイレクトに脳に刺激を与えます。
アロマオイルやお灸を使ったり、芳香浴やハーブティーでリラックスしましょう。
美容鍼は東京の白山はりきゅう整骨院

3:市販の薬を使う

痛みがつらいときは、我慢せずに、用法・用量をきちんと守り、早めに市販の鎮痛剤を服用しましょう。

4:病院で診察を受ける

生理の度に生理痛がひどく鎮痛剤が手放せない、学校や会社に行けないなど、生理痛やその他の症状で日常に支障を及ぼすような場合は、子宮内膜症や子宮筋腫などの病気が疑われます。一度、婦人科の診察を受けましょう。
美容鍼なら東京の白山はりきゅう整骨院

生理前のイライラや落ち込み、思い当たりませんか?

女性のライフスタイルの変化とともに、最近は強いPMSに悩む人も増えています。
なかなか緩和できない時やつらい時は婦人科や女性外来、メンタル面の不調が強い場合は心療内科などで相談してみましょう。
また生理のある女性の9割近くが、生理前に何らかの体や心の変化を感じています。

中でも、イライラしたり、落ち込んだり、吹き出物やむくみ、胸のはりや便秘など、生理前の2~10日間に緊張し、不調を集中して繰り返すような場合は、月経前症候群(PMS)が考えられます。
心配のいらない不正出血もありますが、疾患のサインであることも多いので見過ごさないようにしましょう。
また、生理時以外に出血があるのも不正出血です。
出血量は下着が薄いピンクや褐色に色づく程度から、生理と同じくらい多量な場合まで様々です。

東京の美容鍼なら白山はりきゅう整骨院でした。
ではごきげんよう。

The following two tabs change content below.
デン マサタダ

デン マサタダ

都内の有名鍼灸院/整骨院勤務を経験。キャリア15年。施術人数5000人以上。様々なスキントラブルや体の悩みを抱えた患者様を担当する。特に得意なのは「ニキビ」や「肌荒れ」の根本からの改善。丁寧な施術と的確なアドバイスで肌荒れで悩む20代〜40代の女性に高い評価を頂いております。