こんにちは。東京で美容鍼の白山はりきゅう整骨院です。
先日は「かっさ」のセミナーに行ってきました。
周りの方達がすごく研究熱心で、私も負けてられないと思いました。どの業種でも同じ事ですが、常に勉強し研究が必要なのですね。では昨日の続きです。

生理不順・生理困難について

生理中、下腹部の痛みや頭痛、吐き気、便秘、下痢、憂うつなどによって、日常生活に支障をきたすような状態生理困難と呼びます。

生理周期のだいたいの目安は25~35日でありますが、周期が46日以上と長かったり、逆に24日以内と短かったり、周期にばらつきがあるのが生理不順です。美容鍼は東京の白山はりきゅう整骨院2

  生理不順・生理困難について
    日常生活からからの原因
     生理不順、生理困難をともなう疾患
     日常生活でできる予防法
     対処法

日常生活から考えられる原因

1:精神的なストレスやダイエット、睡眠不足

生理不順や生理のときの痛みやイライラなどの症状があらわれ、
精神的なストレスや過度なダイエットによる栄養不足、あるいは睡眠不足が原因で、女性ホルモンのバランスが乱れることがあります。東京の美容鍼なら白山はりきゅう整骨院7

2:冷えなどによる血流の悪化

体の表面の血液の巡りが悪いと体が冷え、女性ホルモンのバランスが崩れて、生理不順を始めとする生理の問題が起こります。
そのままにしておくと、冷えも生理のトラブルもますますひどくなるという悪循環に陥ってしまいます。
美容鍼は東京の白山はりきゅう整骨院5

3:閉経と更年期

女性は40歳代ごろから更年期を迎えます。更年期は女性ホルモンのバランスが急激に変化するので、月経不順が起こります。30歳代後半から40歳代前半ごろから、閉経に向けて徐々に経血量が減り、生理の期間が短くなり、回数が増えていきます。そして40歳代後半ごろになると、生理が2~3カ月に1度くらいの頻度になり、さらに1回の期間が長くなって最終的には閉経を迎えます。また閉経後の女性は骨粗鬆症にも気を付けたいですね。
美容鍼は東京の白山はりきゅう整骨院7

4:生理不順・生理困難の原因となる疾患

18歳になっても生理がこない、または妊娠していないのに3カ月以上生理が来ない無月経や、生理の周期が短くなる頻発月経、生理中に日常生活に支障をきたすほどの生理痛や頭痛があらわれる月経困難症なども、生理痛の原因となります。
また子宮筋腫や子宮内膜症、子宮頸がん、子宮体がんなどが生理不順・生理困難の原因として広く知られています。

1:月経困難症

生理痛の他に、頭痛や腰の痛み、吐き気、嘔吐、めまい、下痢、発熱、倦怠感などの不快な症状が生じ、日常生活に支障をきたすほどになるのが月経困難症です。

2:無月経

普段は生理がありながら、妊娠していないのに3カ月以上生理がない状態も無月経にあたります。原因の多くは精神的なものが多く、人間関係のトラブルや大きなストレスなどで起こります。

18歳になっても生理が始まらないのは、染色体の異常など先天的な原因が考えられます。治療できるケースもありますので、早めに診察を受けましょう。その他ダイエットや過度の運動でも生理が止まることも多くあります。
東京の美容鍼なら白山はりきゅう整骨院4

 

ではまた明日。。
東京の美容鍼なら白山はりきゅう整骨院でした。

The following two tabs change content below.
デン マサタダ

デン マサタダ

都内の有名鍼灸院/整骨院勤務を経験。キャリア15年。施術人数5000人以上。様々なスキントラブルや体の悩みを抱えた患者様を担当する。特に得意なのは「ニキビ」や「肌荒れ」の根本からの改善。丁寧な施術と的確なアドバイスで肌荒れで悩む20代〜40代の女性に高い評価を頂いております。