こんにちは。

美容鍼 東京 白山はりきゅう整骨院 デン マサタダです。
この記事を書いてる時も私、ブルーライト用のメガネを使用しております。
では前回の続きです。
そもそもブルーライトとは?
ブルーライト対策製品が販売されるようになり「ブルーライト」という言葉も耳にする機会が増えたと思います。目に悪いものである、という認識はあっても、それがどのようなものかを知らない人もいるのではないでしょうか。ブルーライトは、目で見える光(可視光線といいます)の中でも、380~495nm(ナノメートル)の波長の青色光です。美容鍼 東京のイケメン先生
そのエネルギーはかなり高いため、目の奥にある網膜にまで達し、将来、網膜の疾患につながる恐れがあると心配されています。ブルーライトはLED液晶から出ているため、私たちの生活の中でも触れる機会が多いということにナリマス。。
パソコンディスプレイやテレビ、スマートフォンや携帯電話、ゲーム機など、仕事やプライベートでも多く使用するものです。テレビやゲーム機など、子供にも影響を与えかねないものもあるため、目の保護のためにも使用時間を決めたほうが良いです。 美容鍼 東京 スマホは危ない

生体リズムも狂わせる?

肩こりの人に多い訴えの中に睡眠障害があります。布団に横になった時に、肩に力が入って脱力できずに眠りにくいという人や枕が合わないようで首の周辺に違和感がある、また、肩こりに伴い心身の緊張が強く、眠りが浅くなるという方もいます。
そしてブルーライトの影響により、このような睡眠の問題にさらに悪化の要素が加わる恐れがあります。私たちの体は朝の太陽の光によって体が目覚めて活動できる状態になり、夕方、日の沈むころから夜にかけて、体が休まる状態へと変化します。
しかし、夕方から深夜に及ぶまで、パソコンやゲーム機などで、明るい光を浴びていると、体の自然のリズムが崩れ、夜になっても体を休めることができなくなります。それが、さらなる睡眠の問題を引き起こすと考えられています。肩こりや眼睛疲労回復にも質の良い睡眠は必要なのです。
美容鍼 東京大先生
日頃からできるブルーライト対策は?
目のコンディションが低下することでの、さらなる肩こりの悪化を予防するために、ブルーライトに対する知識も頭に入れて、目の疲労・肩こり対策に役立てましょう。
日頃からできる対策をご紹介します。

 
眠る直前まで、LEDディスプレイを見ないように!
 

仕事のためにLEDディスプレイを使用しながらのパソコンワークは仕方のないことです。その場合は、せめて、布団に入り眠くなるまでスマートフォンを操作するといった、眠る直前まで明るい光を浴びることは、避けましょう。

 
暗い所ではディスプレイを見ないようにする。
 

明るさが不十分な場所で、明るい画面を見ると、それだけでも目の負担は増大します。目の疲労を加速されることにもなりかねませんので、明るい場所で見るようにしましょう。

 
遠くの景色を見ましょう。
普段は美しい遠くの海や山を見るのは困難なので、空の雲やスカイツリーでもOKです

ディスプレイから離れて、遠くの見渡せる窓辺などへ場所を移動して、遠くの景色を眺めることも、目の筋肉の緊張をほぐすことに役立ちます。

美容鍼 東京 スカイツリー
ブルーライト対策用のアイテムを利用する

ブルーライトを遮断するメガネやシート・プロテクターを利用する方法もあります。遮断率が商品により異なりますので、よく商品について調べてから購入しましょう。私はAmazonで買いました。

少なくとも1時間以内に1度は目を休める
肩こりの人は、特に眼睛疲労の状態にあります。そのため、なるべく1時間以内に1度は、目を閉じて目を休める時間をつくりましょう。この際、蒸しタオルや目薬で、目の筋肉の緊張が緩み楽になります。
いかがでした?
私も仕事がらPCを良く使うので目を含めた体調管理に気をつけたいと思います。
美容鍼 東京 白山はりきゅう整骨院 デン マサタダ
前回はブルーライトその1についてかきました。どうぞご覧下さいませ
The following two tabs change content below.
デン マサタダ
都内の有名鍼灸院/整骨院勤務を経験。キャリア15年。施術人数5000人以上。様々なスキントラブルや体の悩みを抱えた患者様を担当する。特に得意なのは「ニキビ」や「肌荒れ」の根本からの改善。丁寧な施術と的確なアドバイスで肌荒れで悩む20代〜40代の女性に高い評価を頂いております。