こんにちは。東京の美容鍼なら白山はりきゅう整骨院です。
昨日の夜、iphone6 plusの画面を割ってしまいました
かなりショックの心境で記事を書いております。
悲しみで溢れた夜ですが、頑張ります。
では前回の続きでございます。

「のぼせ」の原因

3:緊張や精神的ストレスによる自律神経の乱れ

自律神経のバランスが乱れて血管が開き気味になるためです。

人前で話をすると緊張して急に顔が熱っぽくなるのは一時的なものですが、緊張や精神的なストレスが続いたりすると慢性的にのぼせを感じやすくなります。東京の美容鍼灸なら白山はりきゅう整骨院4

4:のぼせの原因となる主な疾患

のぼせやほてりに発汗、動悸、手のふるえのような症状をともなうときはバセドウ病、のぼせやほてりが続くときは自律神経失調症、更年期障害、高血圧症などが疑われます。また、高血圧の治療薬が原因となってのぼせが起こることもあります。発熱やのぼせをともなうときは、カゼやインフルエンザなどの感染症や熱中症などが考えられます。

美容鍼は東京の白山はりきゅう整骨院4

のぼせをともなう疾患

1:風邪

カゼは、こじらせなければ通常1週間程度で治ります。

カゼの原因となるウイルスなどが鼻やのど、気管支などから体内に入り込むと、鼻水、せき、くしゃみ、たん、のどの痛み、発熱などの症状があらわれ、熱にともなうのぼせやほてりが起きることもあります。

 

2:インフルエンザ

発熱のピーク2~3日間は、高熱によるのぼせ、ほてりが起こり、その後鼻水やのどの痛みなどがあらわれます。インフルエンザウイルスに感染することによって起こり、突然39℃前後の高熱が出て、関節の痛み、ゾクゾクするような寒気、頭痛、だるさなどの症状があらわれます。

3:更年期障害

顔が突然カーッと熱くなって首や背中に汗が流れる症状はホットフラッシュと呼ばれ、更年期障害の前半にあらわれることの多い症状です。閉経前後の約10年間をさす更年期を迎えると、女性ホルモンの一種(エストロゲン)の急激な減少により自律神経のバランスが崩れてほてり、のぼせ、イライラ、動悸、めまいや肩こりなど心と体にさまざまなトラブルが生じます。美容鍼は東京の白山はりきゅう整骨院3

4:自律神経失調症

精神的なストレスや過労が引き金となって自律神経が乱れ、心や体に不調があらわれた状態です。あらわれる症状は人によって大きく違うのが特徴で、不安や緊張、抑うつなどの心のトラブルにより、吐き気をはじめ多汗、全身の倦怠感、頭痛、肩こり、手足のしびれ、動悸、不整脈、めまい、不眠などの症状があらわれます。

 

ではまた明日です。
美容鍼は東京の白山はりきゅう整骨院です。

あ〜iPhone泣

The following two tabs change content below.
デン マサタダ
都内の有名鍼灸院/整骨院勤務を経験。キャリア15年。施術人数5000人以上。様々なスキントラブルや体の悩みを抱えた患者様を担当する。特に得意なのは「ニキビ」や「肌荒れ」の根本からの改善。丁寧な施術と的確なアドバイスで肌荒れで悩む20代〜40代の女性に高い評価を頂いております。