こんにちは。美容鍼灸なら東京の白山はりきゅう整骨院

昨日はチンジャオロースを作りました。私、大の中華好きです。
ピーマンをもっと細く切れるよう頑張ります。
では今日は昨日の続きです。

その②痙攣(けいれん)を引き起こす疾患について

1眼瞼(がんけん)痙攣

以前にないまぶしさを感じたり、目が疲れたりまばたきが増えるなどの症状がみられ、重症化すると目が開けられないために物が見えなくなることもあります。目の周りの筋肉が、ヒクヒクとケイレンを起こす症状で、30~50歳代の女性に多く発症します。脳のまばたきをつかさどる部分の異常が原因といわれ、目の酷使にストレス、ドライアイ、先天的な異常が関係していると考えられています。
美容鍼灸と東京の白山はりきゅう

2:痙性斜頸(けいせいしゃけい)

初期に首の痛みや肩こりがあらわれ、頭が横に傾いたり、横を向いたり、前か後ろに倒れたり、肩が上がるなどの症状が起こります。同じ姿勢を取り続けるデスクワークの男性に多く発症します。首の周りの筋肉に異常な収縮が起こり、首が一定の方向に曲がった状態になる疾患です。脳から筋肉に異常な命令が伝えられることが原因で、強いストレスや疲労が関係していると考えられています。

3:片側顔面痙攣

顔の片方の目の周り、頬や口もとがピクピク痙攣する疾患です。目の下側から始まることが多く、進行すると一定時間目をつぶってしまったり、顔が引きつって歪むこともあります。顔の動きをつかさどる顔面神経が、主に動脈硬化によって蛇行した脳の血管によって圧迫されることで起こると考えられています。40~60歳代の女性に多くみられます。

4:書痙(しょけい)、職業性ジストニー

字を書こうとするときに腕が固まったり、手が震えて字が書けなくなる状態が書痙です。一日中、机の上で字を書いている人に多く、字を書く以外の動作では痙攣が起こらないのが特徴です。書痙の他にも、ピアニストなど緊張しながら一定の動作を繰り返す人に起こりやすい痙攣を職業性ジストニーといいます。

5:チック(トゥレット症候群)

遺伝的な素因や、脳内の神経伝達物質のアンバランスが関係しているという説があります。主に5~10歳の男子に発症しますが、多くが青年になると軽くなるケースや自然に治る場合もあります。自分ではコントロールできないまばたきを繰り返す、顔をしかめる、首振り、肩のぴくつき、キック、ジャンプなどの運動チックと、咳払い、嬌声、意味不明な言葉を発するなどの音声チックがあります。小児はりでもよく相談をうけますね。

6:三叉(さんさ)神経痛

鋭い痛みが間隔をおいて繰り返すたびに痙攣が起きるため、有痛性チックと呼ばれています。
顔のこめかみから目、あご、頬と三本に枝分かれした三叉神経が支配する領域に起こる痛みを三叉神経痛といいます。多くは、脳に流れる血管がこめかみで神経に触れたり、神経を圧迫したりして起こります。目、あご、頬を中心に、突然ビリビリと嫌な痛みが出ます。その痛みが出る瞬間に顔の筋肉が一瞬収縮し、ピクッと動きます。

7:破傷風(はしょうふう)

錆びた刃物の切り傷や、細菌に汚染されたどぶ川のようなところでけがをしたときは破傷風感染の恐れがあるので、注意が必要です。土の中の破傷風菌に感染して発病する疾患です。傷から感染すると7〜14日間ほどで、首筋がはる、口がこわばって食べ物が飲み込みづらくなる、舌がもつれるなどの症状があらわれます。さらに、筋肉が硬直し、体をのけぞらせる痙攣発作を繰り返して呼吸困難に陥り、死亡することもあります。

8:てんかん

脳の神経細胞の伝達システムに一時的な異常が発生して引き起こされるといわれ、原因が不明なてんかんと、脳腫瘍や脳外傷、脳血管障害などの疾患が原因となる症候性てんかんがあります。代表的な症状は大発作と呼ばれ、突然意識がなくなり、全身の筋肉が緊張して棒のようになり、続いて体が大きく震え、その後、全身の力が抜けて睡眠期に入り、多くは数分から数十分で目が覚めます。

9:妊娠高血圧症候群

発作の前ぶれとして目のちらつきや吐き気、頭痛、めまいなどがあらわれます。妊娠中毒症と呼ばれていた疾患で、むくみ、高血圧、たんぱく尿が特徴です。妊娠後期に起こることが多く、胎児の発育障害や脳出血などを引き起こすことがあって、母子ともに危険な状態になる場合があります。重症の場合は、全身の痙攣発作と昏睡をともなうことがあります。美容鍼の東京と白山はりきゅう

10:脳疾患(脳腫瘍、脳梗塞)

とにかく早めにお医者様に診てもらいましょう。
脳の組織に腫瘍ができると頭の一部に鈍痛や重さを感じ、嘔吐や手足の痙攣があらわれます。
また、脳梗塞は脳の血管に血液の塊が詰まることによって脳の組織が破壊される疾患ですが、脳梗塞を起こしたことのある人が立ち上がって足を踏み出そうとするときに、足首や膝がガクガクふるえることがあります。美容鍼の白山

美容鍼は東京の白山はりきゅう整骨院
昨日はその①でした。
明日に続きます。

The following two tabs change content below.
デン マサタダ

デン マサタダ

都内の有名鍼灸院/整骨院勤務を経験。キャリア15年。施術人数5000人以上。様々なスキントラブルや体の悩みを抱えた患者様を担当する。特に得意なのは「ニキビ」や「肌荒れ」の根本からの改善。丁寧な施術と的確なアドバイスで肌荒れで悩む20代〜40代の女性に高い評価を頂いております。 Masatada Den The Head of Hakusan Acupuncture/Osteopathy Clinic After working with the well-known acupuncture/osteopathy clinic in Tokyo, he has opened doors for his own clinic. With 15 years of experience, the Tokyo-based Acupuncturist has seen over 5,000 patients with many different problems. His specialty is 「Acne」「Skin Problems」to help treating them by identifying the roots that cause the problem. With his effective acupuncture treatments and advice, Den has gained the reputation particularly in the areas of skin problem for women ages between 20 - 40.