こんにちは。東京の美容鍼なら白山はりきゅう整骨院です。
では昨日の続きでございます。
本日は予防法についてです。

日常で出来る予防法について

1:準備運動やマッサージを行い、ミネラルを補給する

急に運動を開始したときや、立ち仕事の場合には足がつりやすくなります。スポーツなどを始める前にはウォーミングアップをして筋肉を温め、終了後や帰宅後はマッサージ、ストレッチ、入浴などで筋肉の疲労を取り除きましょう。また、カルシウムの多い牛乳や緑黄色野菜、マグネシウムの多いアーモンドや大豆、貝類などを積極的にとりましょう。美容鍼は東京から

2:目を休め,室内の乾燥を防ぐ

長時間にわたって目を酷使するときは、1時間ごとに約15分は目を休めましょう。目の疲れをとるマッサージをしたり、蒸しタオルをまぶたにのせて目の周りの筋肉を温めると効果的です。また、目が乾燥しないように、加湿器などで室内の湿度を調節しましょう。目の健康に良いとされる、ビタミンA、C、E、B群をとることも大切です。
美容鍼は東京発

3:ストレスを溜めない、生活習慣を見直す

痙攣の多くはストレスが引き金になったり、悪化の要因になったりすると考えられるため、趣味を見つけるなどストレスを上手に発散することが大切です。また、動脈硬化を防ぐことが片側顔面痙攣の予防に繋がります。脂っぽい食事を避ける適度な運動を習慣づけるなど、生活習慣を見直しましょう。美容鍼は東京まで

 

対策法として…

1:病院で診察を受ける

全身的な痙攣は、脳の病気や内臓の重い病気で起こる場合もありますので、発作がおさまっても早期に内科や神経内科を受診しましょう。また、足などの筋肉がつる症状が繰り返し起こる場合、疾患が隠れていることがありますので、早めに検査を受けましょう。

*豆知識*

子どもは痙攣を起こしやすい

子どもがよく痙攣を起こすのは脳が未発達なためと考えられ、多くの場合、5~6歳をすぎると自然に起こらなくなります。こどもは発熱とともに起こる熱性痙攣の他、憤怒(ふんぬ)痙攣といって激しく泣いたときに呼吸が止まり、顔が紫色(チアノーゼ色)または蒼白になって痙攣を起こすことがあります。これは泣き入りひきつけとも呼ばれ、脳が酸素不足になることで起こります。美容鍼は東京に行く

美容鍼は東京の白山はりきゅう整骨院でした。

The following two tabs change content below.
デン マサタダ

デン マサタダ

都内の有名鍼灸院/整骨院勤務を経験。キャリア15年。施術人数5000人以上。様々なスキントラブルや体の悩みを抱えた患者様を担当する。特に得意なのは「ニキビ」や「肌荒れ」の根本からの改善。丁寧な施術と的確なアドバイスで肌荒れで悩む20代〜40代の女性に高い評価を頂いております。